@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寺領荘園【じりょうしょうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

寺領荘園
じりょうしょうえん
9世紀の末ごろから,地方の豪族が自分で開発した土地を,国司郡司の賦課追及から逃れるべく,中央の権門勢家が建立した寺院に寄進することによってできた荘園初期荘園が自墾地系荘園と呼ばれるのに対して,後期荘園はこのような寄進によって成立したので寄進地系荘園と呼ばれる。寺院は早くから,寺院内の日々の恒例仏事や日常生活のまでを,寺領荘園に割り当ててすべてをそこで賄うよう寺院活動の機構を完成させていた。そのために,寄進者を荘官,下司,地主とし,寺領の農民から年貢・公事を徴収し,あるいは公民に数々の公事を課す一方,寺田不輸の権の拡大を図り,寺領民の租庸調免除を国に認めさせるとともに,不入権まで獲得し,寺領を治外法権にすることに努めた。しかし,荘官が武士化し,鎌倉将軍の御家人となって,所有する職や所領の保護を受けることになり,荘園支配は変化していく。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寺領荘園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寺領荘園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation