@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

対抗【タイコウ】

デジタル大辞泉

たい‐こう〔‐カウ〕【対抗】
[名](スル)
互いに勝利を争うこと。互いに張り合うこと。「他店に対抗して安く売る」「対抗策を練る」「都市対抗野球」
私法上、当事者間で効力の生じた法的関係を第三者に主張すること。
競馬競輪などで、本命優勝を争うと予想される選手

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たいこう【対抗】
スル
互いに張り合うこと。負けまいとして競い合うこと。 -意識を燃やす 連合して強敵に-する -試合
競馬や競輪で、本命に次ぐ実力があると予想されるもの。「○」印で表す。 ⇔ 本命

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐こう ‥カウ【対抗】
〘名〙
① 互いに勝利を争うこと。はりあうこと。きそいあうこと。対立すること。
※真理一斑(1884)〈植村正久〉六「正義達徳の君子たらんと欲せば〈略〉酒色の快楽、世の物議、社会の風潮、又或る時は剣戟に向って十分に対抗するを要す」
② 私法上、当事者間で効力の生じた法律関係を他の人に対して主張すること。
※民法(明治二九年)(1896)一六条「善意の第三者に対抗することを得ず」
③ 二軍に分け、一方を敵とみなして行なう軍隊の実地運動。
※文づかひ(1891)〈森鴎外〉「ラアゲヰッツ村の辺にて、対抗は既に果てて」
④ 競馬、競輪などで、本命に次ぐ能力があると予想されるもの。
※光と影(1960)〈三好徹〉二章「本命は鬼頭真之介、対抗は原田大輔、ダークホースが大山乙彦ということになっているが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

対抗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

対抗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation