@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

対馬海流【つしまかいりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

対馬海流
つしまかいりゅう
Tsushima Current
黒潮の一支流対馬海峡から日本海に流入する海流。対馬海峡の東水道を通過するものは日本沿岸に沿って北上し,西水道を通過するものは朝鮮東岸を東鮮暖流として北上し,やがて東転して日本海極前線に沿って流れ,前者と能登沖付近で合流する。対馬海流の大部分津軽海峡から太平洋へ流出するが,一部はさらに北海道西岸を北上し,大部分は宗谷海峡からオホーツク海へ抜ける。対馬海流の厚さはほぼ 200m,流速は 0.5~1ノットであり,著しい蛇行を伴うのが特徴である。また黄海東シナ海の沿岸水が混合しており,黒潮本流より低温,低塩分で透明度も低い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つしま‐かいりゅう〔‐カイリウ〕【対馬海流】
黒潮から分かれ、東シナ海から対馬海峡を経て日本海東側を流れる暖流津軽海峡から太平洋へ出る津軽暖流と、北海道西岸を北上する宗谷暖流とに分かれる。対馬暖流

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つしまかいりゅう【対馬海流 Tsushima Current】
対馬海峡を通って日本海を流れる海流。対馬暖流ともいう。黒潮の一部が対馬海峡を経て日本海に入り発達したもので,日本海で分岐が見られる。対馬海峡の東水道を通過した流れはほぼ本州北岸に沿って流れる。対馬海峡の西水道を通過した流れは,主として東方に転向して隠岐諸島の北側を経て沿岸を流れるものと合流するが,一部は朝鮮半島東岸に沿って北上し,東鮮暖流となり,やがて東に向かい他の二つの分岐と合流すると考えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

つしま‐かいりゅう ‥カイリウ【対馬海流】
黒潮の支流の一つ。東シナ海から対馬海峡を経て日本海に流れ込み、津軽・宗谷海峡に達する。対馬暖流。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

対馬海流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

対馬海流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation