@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

対馬焼【つしまやき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

対馬焼
つしまやき
長崎県対馬陶磁器。一般には朝鮮釜山窯の作品も含めて対馬と称する。出土品には7~8世紀頃の土器片も含まれているが,確認できるは釜山窯廃絶直後の享保年間 (1716~36) からで,南部の厳原付近にある。小浦皿山窯,志賀焼窯など数ヵ所の窯場があったが,いずれも江戸時代または明治年間に廃絶。作品は青みある素地に半透明白釉を施したものが多く,染付,御本写し,三島手なども作られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つしま‐やき【対馬焼】
対馬から産出した焼き物。ふつう、朝鮮の釜山窯(ふざんよう)のものも含めていう。享保(1716~1736)ごろ朝鮮の陶法が伝えられて創始茶器が主で、陶器のほか磁器も焼いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

対馬焼
長崎県対馬市で生産される焼物対州焼」の別称

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つしま‐やき【対馬焼】
〘名〙 江戸時代、対馬(長崎県)で産出した陶器。増田焼、志賀焼などの類。対州(たいしゅう)焼。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

対馬焼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

対馬焼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation