@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

対馬藩【つしまはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

対馬藩
つしまはん
府中ともいう。江戸時代,対馬国 (長崎県) を領有した藩。のち厳原 (いづはら) 藩。藩主は代々宗 (そう) 氏。宗氏は鎌倉,室町時代以来の豪族で,天正年間 (1573~92) の義智が藩祖。義智は,豊臣秀吉文禄・慶長の役の先頭を承って活躍し,さらに江戸幕府成立後は朝鮮王光海君との間に己酉 (きゆう) 条約を締結し,日鮮国交回復に功があった。その結果,宗氏は中世以来もち続けた朝鮮貿易特権を得た。最初は1万石であったが,慶長 10 (1605) 年に 2800石を加増され,さらに同 12年には 10万石の格式が与えられた。藩政で注目されるのは元和3 (17) 年に起った「柳川一件」である。朝鮮外交の中心となった家臣柳川調興と2代藩主義成が対立した事件で,この事件が解決して藩政は安定した。その後,文化 14 (1817) 年 13代義質のとき2万石を加増され,16代重正のとき5万 2000石となり,版籍奉還後厳原藩と改称して廃藩置県にいたった。外様,江戸城大広間詰。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

対馬藩
対馬国、府中(現:△長崎県対馬市▽厳原(いづはら)町)を拠点に、対馬国と肥前国の一部を領有した外様藩。中世以来の守護大名、宗(そう)氏が近世大名に転化し、明治の廃藩置県まで当地を治めた。藩の財政は主に朝鮮貿易に依存していた。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

つしまはん【対馬藩】
江戸時代対馬(つしま)国下県(しもあがた)郡与良(よら)郷府中(ふちゅう)(現、長崎県対馬市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は日新館(にっしんかん)。鎌倉時代以降、宗(そう)氏が支配していたが、1587年(天正(てんしょう)15)豊臣秀吉(とよとみひでよし)九州征伐の際、宗義智(よしとし)が秀吉から対馬国一円を安堵(あんど)された。義智は朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に出陣したほか、関ヶ原の戦いでは義父の小西行長(こにしゆきなが)の関係から西軍についたものの、戦後に徳川家康(とくがわいえやす)から所領を安堵され、朝鮮国との国交修復に尽力した。検地が行われなかったため石高は公的には無高(むたか)だったが、10万石以上の格式を持つとされた。幕府の鎖国政策のもとで朝鮮国との外交貿易を独占的に担い、この収入が藩財政の大部分を占めた。1635年(寛永(かんえい)12)の国書偽造事件以降に近世的な藩体制が確立したが、18世紀には朝鮮貿易が不振となり、財政難に苦しんだ。1861年(文久(ぶんきゅう)1)には、欧米列強のアジア進出を背景としたロシア軍艦による対馬占領事件が発生した。69年(明治2)の版籍奉還に伴い厳原(いづはら)藩と改称、2年後の廃藩置県で厳原県となり、その後、伊万里(いまり)県、佐賀県を経て、72年長崎県に編入された。◇府中藩ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つしまはん【対馬藩】
対馬国(長崎県)下県(しもあがた)郡与良(よら)郷府中に藩庁を置いた外様藩。藩主は宗氏,中世以来の守護大名から近世大名に転化した数少ない例。鎖国下の近世日本が正式な外交関係をもった唯一の独立国朝鮮との外交貿易を独占的に担った。領知は対馬島のほか,文禄・慶長の役で与えられた肥前基肄(きい),養父(やぶ)両郡1万石(田代領)と1817年(文化14)に財政窮乏の手当地として与えられた2万石があったが,対馬島は統一政権の検地を受けておらず,公的には無高で,格式のみ10万石以上とされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

対馬藩
つしまはん
対馬国下県(しもあがた)郡与良(よら)郷府中(ふちゅう)(長崎県対馬市厳原町(いづはらまち))に藩庁を置いた外様(とざま)藩。府中藩、厳原藩ともいう。藩主は宗(そう)氏で、中世以来の守護大名が近世大名に転化した数少ない例。鎖国下の近世日本が正式な国交をもった唯一の独立国李氏(りし)朝鮮との外交貿易業務を、独占的に担った。そのため家格は高く、対馬島は生産力が低く公的には無高(むだか)とされたのにもかかわらず、10万石以上の格とされていた。領知は対馬島のほか、1595年(文禄4)に薩摩(さつま)に1万石(1599年=慶長4年に肥前(ひぜん)に換地)、1817年(文化14)に肥前、筑前(ちくぜん)、下野(しもつけ)に2万石が加えられたが、前記の格づけは変わらず、実態としても藩財政の過半は朝鮮貿易に依存していた。その性格から、対馬と各領地、および江戸・京都・大坂の蔵屋敷のほか、壱岐勝本(いきかつもと)、博多(はかた)(のちに廃止)、長崎にも蔵屋敷を置き、朝鮮釜山(ふざん)の倭(わ)館には数百名の家臣・商人を常駐させていた。初期には権力構造や在地支配に中世以来の形態を強く残していたが、1631年(寛永8)の柳川一件(やながわいっけん)(国書改竄(かいざん)事件)後の諸改革によっていちおう近世的な藩に脱皮した。
 しかし在地の構造にはほとんど変化はなく、小農自立が未熟なままで近代を迎えた。そのため同藩には他藩のような百姓一揆(いっき)は1件もない。17世紀後半は貿易の活況、銀山再開発の成功などで西国一の分限(ぶんげん)といわれたが、18世紀に入ると貿易の不況と銀山の衰退のために財政難に陥り、相次ぐ倹約と幕府の財政援助によっても大勢は変わらず、廃藩時には膨大な藩債を残した。一方、文教政策には早くから着手し、1685年(貞享2)に小学校、1788年(天明8)思文館(しぶんかん)、1864年(元治1)に日新館(にっしんかん)を設置した。幕末には、1861年(文久1)のロシア軍艦の占拠事件をはじめとする海防問題と、1800年(寛政12)の百余輩(ひゃくよはい)事件、1864年の勝井(かつい)騒動などの内訌(ないこう)が相次いだ。1866年(慶応2)の大政奉還後も明治維新政府から朝鮮外交と貿易を担当することを許され、廃藩までその役割を担った。版籍奉還後、厳原藩と改称、廃藩置県後、厳原県、伊万里(いまり)県、佐賀県を経て、1872年(明治5)に長崎県に編入。[荒野泰典]
『『長崎県史 藩政編』(1963・吉川弘文館) ▽泉澄一著『対馬藩の研究』(2002・関西大学出版部)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

対馬藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

対馬藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation