@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寿老人【じゅろうじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

寿老人
じゅろうじん
Shou-lao-ren
七福神の一人。中国,宋の元祐年間の人で,星辰信仰に由来する南極星人格化ともいわれる。長頭の老人をつき,杖の頭に巻物をつけ,玄鹿を連れ,うちわを持つ姿で描かれる。日本にはおそらく,水墨画の画像として入り,中世商人社会で福徳施与の神として盛んに信仰された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅろうじん〔ジユラウジン〕【寿老人】
中国の伝説中の人物。宋代、元祐年間(1086~1093)の人で、頭が長く白髪団扇(うちわ)と巻物をつけた杖(つえ)とを持ち、鹿やを連れていたといわれる。日本では七福神の一。長寿を授けるという。南極老人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

寿老人 じゅろうじん
七福神の一神。
長寿をさずける神。長頭の老人で,鹿(しか)をつれ,巻物をつけた杖(つえ)をもつ姿であらわされる。中国の道教に由来し,福禄寿とともに南極星の化身とされる。福禄寿と同一神とみなされ,吉祥天がかわりに七福神にくわえられることもある。別名に南極老人。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

じゅろうじん【寿老人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

寿老人
じゅろうじん

七福神の一つで長寿を授ける神。中国の宋(そう)代、元祐年間(1086~93)の人物と伝えられ、その偶像化といわれている。小柄な老人が鹿(しか)を伴い、巻物をつけた杖(つえ)を携えるというのが定型の姿である。日本には禅宗伝来後における水墨画の発達に伴い、その画題の一つとして移入されたものらしい。布袋(ほてい)、福禄寿(ふくろくじゅ)とともにのちには七福神の仲間入りをして福徳神の一つともされた。しかし寿老人は瑞祥(ずいしょう)の象形とはされたが、個別に福神として信仰されるには至らなかった。なお、南極星の化身ともいわれる長頭短躯(たんく)の福禄寿と寿老人は似た性格をもっていて、異名同体とされるなど、かなり混同されてもきた。

[竹内利美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅ‐ろうじん ‥ラウジン【寿老人】
七福神の一人。中国宋の元祐年中(一〇八六‐九四)の人で、寿星の化身という。長寿の神で福祿寿と同体、異名の神だともいう。古くは福祿寿があってこの神がなかった。その像は白髪が多く垂れ、身の丈三尺(約九一センチメートル)で、長頭の老人で、玄鹿を伴っている。玄鹿は千五百歳を経た鹿で、その肉を食うと二千歳の長寿を得るというので、後世になってつけ加えられたという。南極老人。
※南方録(17C後)会「四畳半にて大ふく祝。一 牧渓寿老人。一 釜雲竜」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寿老人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寿老人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation