@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

封土【ほうど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

封土
ほうど
墳墓の盛り土をいう。一般には人工的につくられたものをいうが,自然地形を利用した部分を含めて呼ぶ場合もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

封土
ほうど
レーン」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふう‐ど【封土】
古墳などの盛り土。人工のもの、自然地形利用のものの両方にいう。ほうど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐ど【封土】
封建君主が、その家臣に領地として分かち与えた土地。
ふうど(封土)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうど【封土】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ふう‐ど【封土】
〘名〙 人工の盛土。一般に古墳の盛土をさす。日本では、人工による盛土だけでなく、自然地形利用の場合も含めて用いる。ほうど。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐ど【封土】
〘名〙
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「封土(ホウド)高八尺、石牆以これに環る」 〔礼記注‐祭法〕
② 諸侯や大名が、主君から領知権を与えられて支配する土地。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉七「封土(ホウド)の内十万石を削り余は尽く興丸に賜ふ」 〔漢書‐杜鄴伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

封土
ほうど
fief
封建制度において,家臣の義務である軍役奉仕に対し,主君が生活の物的な保障として家臣に与えた土地。采 (さい) 地・知行 (ちぎよう) 地ともいう
元来,封土の授受は一代かぎりで,家臣は用益権をもつにすぎないとされたが,やがて世襲化し,処分権を得るに至った。土地のほか,官職,貨幣鋳造や関税徴収,市場開設の諸権利なども含む。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

封土
ほうど

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

封土」の用語解説はコトバンクが提供しています。

封土の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation