@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

封建社会【ほうけんしゃかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

封建社会
ほうけんしゃかい
feudal society
社会発展上の類型の一つで,ヨーロッパ中世において典型的に発展した。基礎としての領主農民の関係である農奴制と,封建領主 (封建貴族) 内部の関係であるレーエン制 (知行制) を特徴とする。領主は,対内的に土地所有を基礎に農民を直接的に支配し,封建地代を搾取した。また対外的に独立の権力主体としての貴族相互間には,荘園を物質的媒介とする双務的な主従関係が結ばれたが,それは権力分散的状態における唯一の秩序維持手段であった。この段階においてはまだ生産力も低く,発展も停滞的で,共同体を中心とする封鎖的な現物自給経済であり,意識も伝統や慣習を重視するものであった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうけん‐しゃかい〔‐シヤクワイ〕【封建社会】
封建制度基盤として成立している社会。歴史的には古代奴隷制社会と近代資本主義社会との中間に位置する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうけんしゃかい【封建社会】
〈封建制度〉が一つの制度を指す概念であるのに反して,〈封建社会〉は封建制度がみられる社会を一つの社会類型として全体的・統一的に把握した概念である。したがって,封建制度をどう理解するかによって,どの時代,どの社会を封建社会とみるかも変わってきうる。封建社会についての最も代表的な研究はM.ブロックの《封建社会La Société féodale》2巻(1939,40)であるが,ここでは13世紀までの西ヨーロッパ中世社会が取り扱われ,レーン制農奴制のほかに,イデオロギーのあり方,教会修道院の位置づけ,法制裁判のあり方,都市の問題,生活様式などが総合的に分析されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうけんしゃかい【封建社会】
古代・中世・近代の三時代区分法において、古代社会の後に、土地の恩貸をめぐる人格的な主従・依存関係を基礎として生まれた中世の社会。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうけん‐しゃかい ‥シャクヮイ【封建社会】
〘名〙 古代の氏族・奴隷制社会と近代社会との中間に存し、領主制度をその基底とする社会。西欧では、ローマにおける農奴制の一般化、ゲルマンにおける血統貴族の領主化などが影響しあって、六世紀頃に確立した領主制度を基盤として成立した。国王・貴族・家臣・教会など領主層が土地を分割領有し、その支配下の農奴に耕作させ、農奴は年貢や労働を提供し、概して自給自足の自然経済を営んだ。日本では、上代における班田制の崩壊、荘園制の一般化にともない、平安中期頃成立した。鎌倉・室町時代を中世封建社会(封建社会前期)、江戸時代を近世封建社会(封建社会後期)と呼ぶ。
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉一三「封建社会に於ては、〈略〉、皆一様に上に向ては無限の奴隷にして下に向ては皆無限の主人なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

封建社会
ほうけんしゃかい
古代社会に続き,近代社会に先行する社会で,封建制度を中軸とする社会
日本では,封建制度の始期について諸説があるが,太閤検地成立説を除いて,始期をいずれに求めるかによって,室町・江戸時代の評価が違ってくる。(1)鎌倉時代に成立した封建制度が,その後しだいに純化・発展して江戸時代に完成したとする純粋封建制説。(2)いったん成立した封建制度は15〜16世紀に解体し,それを江戸幕府が再編成したとする再編成説などがあるが,一般的には,(3)鎌倉・室町時代を前期封建社会,江戸時代を後期封建社会と区分して考えている。後期封建社会は世界史的にも特徴的な「完全な封建制」といわれる幕藩体制をさす。前期封建社会にあっては,兵農は未分離で,荘園制を基盤とする封建社会であるが,後期は,兵農が分離し,郷村制の上の封建社会である。封建的身分関係も前期はさほどではなく,後期で確立され強固なものとなった。また前期は朝廷・公家の権力も残存し,封建権力も分権的であったが,後期は武家の単独政権であり,幕府による中央集権の権力は強大であった。水田も前期は山際やわき水のあるところにつくられたが,後期は大河川の平野部が開田された。そして城下町が形成され,武士は城下町に集住し,そこでは商品貨幣経済が行われた。このように前期と後期では,顕著な相違がある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

封建社会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

封建社会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation