@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【フ】

デジタル大辞泉

ふ【封】
封戸(ふこ)」に同じ。
ふう(封)1」に同じ。
「―ヲツクル」〈日葡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふう【封】
文書・袋・箱などを閉じふさぐこと。また、その閉じた部分。「をする」「を切る」
閉じふさいだ部分につけるしるし。「〆」「封」「緘」などの文字を記す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふう【封】[漢字項目]
常用漢字] [音]フウ(呉) ホウ(漢)
〈フウ〉
出入り口をふさぐ。閉じ合わせる。「封緘(ふうかん)封鎖封入完封厳封密封
閉じ合わせた箇所。封をしたもの。「封書封筒開封同封金一封
野球で、進塁させないこと。「封殺
〈ホウ〉
領土を与えて領主にする。「封建冊封(さくほう)
領土。「封地封土移封爵封分封素封家
[名のり]かね
[難読]食封(じきふ)封度(ポンド)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう【封】
諸侯・大名の領地。封地。封土。
「忠広が―を除かれた時、伝左衛門とその子の源左衛門とが流浪した」〈鴎外阿部一族

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう【封】[漢字項目]
ふう

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふう【封】
あるものを空間的に閉じこめ,内外の空間の間の相互干渉を遮断するためのしるし。この空間は,文書の封のように物理的に設定されたものもあれば,たとえば地震鯰を封じこめるために鹿島神宮要石によって作られたそれのように,呪術的に設定されたものもあった。文書の場合,現在の封筒のようにして作られた空間の封じ目に,〆や封などのしるしを印判手書きで加えることによって封が完成するが,このしるし自体に空間を守る呪力がそなわっており,したがって封印で守られる空間も単なる物理的なそれではないと意識されていたところに,前近代の封の特質がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ほう【封】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふ【封】
封戸ふこ。食封じきふ千戸の御-をえさせたまへば/大鏡 道長
封印。ふう。 -ヲツクル/日葡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふう【封】
封筒・容器などが、開いたり、不法に開けられたりしないように閉じること。また、その閉じた部分。 缶に-をする 手紙の-を切る
封じ目につけるしるし。「〆」「封」「緘」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


ふう
古文書学上の用語。封とは、厳密には、文書が受取人に届くまでに開けられないように、封じ目を加えることであるが、広くは、文書の折り方、封の仕方を含めて封式という。書札様(しょさつよう)文書は、普通、本紙(ほんし)・礼紙(らいし)・封紙の三紙からなり、本文は本紙一紙に、または本紙・礼紙の二紙に書く。その後、本紙・礼紙を背中合わせにして重ね、左から折り畳み、それを封紙に包み、上書(うわがき)として宛所(あてどころ)・差出書を書き、折(おり)封・捻(ひねり)封・糊(のり)封(糊封は主として近世)などの封をして相手方に届ける。これが正式な場合であるが、ときには封紙を省略し、本紙と礼紙、あるいは本紙一紙だけで相手方に送ることもある。この本紙または本紙・礼紙に封じ目を加える方法としては、切(きり)封・捻封・結(むすび)封の三つがある。切封・捻封は広く中世にみられる。結封は一部正倉院(しょうそういん)文書にもその例をみるが、近世に多くみられる。中世の書札様文書にあっては、私的な性格の強い文書には封じ目を加えるが、公的な文書にはみられない。[上島 有]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふ【封】
〘名〙
① 封戸(ふご)・食封(じきふ)のこと。令制で、特定の課戸を指定して租・庸・調を収取し、これを祿とすること。また、その制度。みぶ。
※続日本紀‐文武三年(699)六月戊戌「施山田寺封三百戸。限卅年也」
② =ふう(封)〔名語記(1275)〕
※日葡辞書(1603‐04)「Fuuo(フヲ) ツクル、または、ナス」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふう【封】
〘名〙
[一] 文書・箱・袋など、また、出入り口などを閉じふさぐしるし。
① 閉じふさいだしるしとして、結び目・封じ目に付ける文字・記号・印判など。封印。
※霊異記(810‐824)中「宗の僧等、銭器を見るに封誤たず。開き見れば」
② 封じ目に記す「封」の文字。
※延喜式(927)一二「凡賜渤海国勅書凾、臘上書封字
③ 封じた所。封じ目。結び目。
※平家(13C前)一一「さて女房件(くだん)のふみの事をの給ひいだしたりければ、判官あまつさへ封をもとかず」
④ 手紙など包んで封じたもの。封書。
※空華日用工夫略集‐貞治六年(1367)一二月一六日「天龍春屋此外僧俗十余封」
[二] 化身などを、姿を現わすことができないように、封じこめること。
※江談抄(1111頃)三「鬼物伺来、吉備作隠身之封
[三] ⇒ふ(封)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふう‐じ【封】
〘名〙 (動詞「ふうずる(封)」の連用形の名詞化)
① 封をすること。封じること。
※洒落本・自惚鏡(1789)「口のはたのめしつぶを取『こりゃあ封(フウジ)をする時のよふじんさ』」
② 封のしてあること。また、その部分。封じめ。
※天草本平家(1592)四「アマッサエ fǔjiuomo(フウジヲモ) トカイデ トキタダキャウエ ヲクラレタ」
③ 神仏の通力で活動させないようにすること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふう・じる【封】
〘他ザ上一〙 (サ変動詞「ふうずる(封)」の上一段化したもの) =ふうずる(封)
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉友達「自分は此手紙を封(フウ)じる時、漸く義務が済んだやうな気がした」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふう‐・ずる【封】
〘他サ変〙 ふう・ず 〘他サ変〙
① 封をする。
※延喜式(927)一二「凡封駅伝勅符式、〈略〉内記、主鈴封凾、官吏発遣」
※古今著聞集(1254)五「歌を書きて封じておきて退出せられにけり」
② とじこめる。封じこめる。
※霊異記(810‐824)中「開き見れば唯銭四貫无し。怪しびて蔵に封ず」
③ 神仏の力によって活動させないようにする。
※十訓抄(1252)一〇「龍の泣くぞと思ひて、心に龍の声とどむる符を作りてこれを封じてけり」
④ ある行動や、そのための手段を禁ずる。禁止する。
※歌舞伎・天衣紛上野初花(河内山)(1881)序幕「承はれば、お宿への使ひは封(フウ)じてあるとやら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふん‐・ず【封】
〘他サ変〙 「ふうず(封)」の変化した語。
※蜻蛉(974頃)中「ふんじて、うへにいみなどはてなんに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう【封】
〘名〙 =ふ(封)
※阿部一族(1913)〈森鴎外〉「忠広が封(ホウ)を除かれた時」 〔史記‐酈生伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐・ずる【封】
〘他サ変〙 ほう・ず 〘他サ変〙
① 土を高く盛る。土を盛って境を設ける。
※常山文集(1718)二〇・梅里先生碑陰「瘞歴任之衣冠魚帯、載封載碑、自題曰梅里先生墓
② 領地を与えて諸侯とする。領主にする。
※葉子十行本平家(13C前)六「男は是侯にだも封ぜられず」
③ 封(ふう)をする。とじる。
※和漢朗詠(1018頃)上「池の凍の東頭は風度って解く 窓の梅の北西は雪封じて寒し〈藤原篤茂〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふう‐・ず【封】
〘他サ変〙 ⇒ふうずる(封)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐・ず【封】
〘他サ変〙 ⇒ほうずる(封)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

封の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation