@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

専売制【せんばいせい】

世界大百科事典 第2版

せんばいせい【専売制】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

専売制
せんばいせい
江戸時代,諸藩が財政難打開のため特定物資の生産・販売などを独占した制度
商品作物の栽培・加工などをが保護・奨励して,藩営の国産会所物産会所)などが一手に買い上げ販売し,その利潤を藩収入とした形が多い。江戸中期以後の藩政改革で採用された。仙台藩の米・塩,加賀藩の塩,会津藩の漆・蠟,薩摩藩の砂糖,長州・土佐藩の紙などが有名。また専売制に反対一揆も各地で発生した。明治時代以後,政府はたばこ・塩・樟脳・アルコールなどに専売制を実施した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

専売制」の用語解説はコトバンクが提供しています。

専売制の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation