@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

専当【セントウ】

デジタル大辞泉

せん‐とう〔‐タウ〕【専当】
《「せんどう」とも》
もっぱらその任務にあたること。また、その者。
「造行宮司及び―の郡司」〈続紀・元正〉
寺院で雑務を担当した下級の僧。専当法師。
「白大衆(しらだいしゅ)、神人(じんにん)、宮仕(みやじ)、―満ち満ちて」〈平家・一〉
荘官の一。荘園運営の実務を担当した

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんとう【専当】
古代・中世の官人,職員,荘官の一。本来は〈当する〉すなわち〈専ら事に当たる〉の意味で用いられ,奈良時代の用例はすべてこれである。平安時代になると造東大寺所など官寺の造営・修理を行う造寺所の職員として〈造寺専当〉〈造寺所専当〉〈専当〉などの名が,勾当知事などとともに現れる。その後造寺所の活動が衰退する11世紀中ごろから12世紀になると,大寺院の寺院組織改革・整備にともない,この専当は寺院の政所や公文所,修理所などの下級職員として吸収・組織されていった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

せん‐とう ‥タウ【専当】
〘名〙 (「せんどう」とも)
① もっぱらその事にあたること。ある特定の業務を担当すること。また、その職や人。
※正倉院文書‐天平宝字四年(760)二月二五日・造東大寺司牒「以前仏菩薩像、造仏司主典従六位下志斐連麻呂・造寺司主典正八位上安都宿禰雄足二人、専当奉造如件」
② 寺院・神社の職の一つ。下級の雑事に従事する僧侶・神職。
※今昔(1120頃か)一七「其の寺に専当の法師有り」
③ 平安時代以降、荘園の荘官の一つ。荘園の実務を担当する荘司。
※三代格‐一九・延喜二年(902)三月一三日「其称使及庄撿校・専当預等

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

専当」の用語解説はコトバンクが提供しています。

専当の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation