@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

射撃競技【しゃげききょうぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

射撃競技
しゃげききょうぎ
shooting
銃器で静止標的,または動く標的をねらい撃ち,その正確さを競う競技銃器発達をうけ,15世紀半ばにドイツの射撃クラブで競技が行なわれたという説もある。 18世紀のヨーロッパで盛んになり,1907年に国際射撃連盟 (→国際スポーツ射撃連盟 ) が設立された。オリンピック競技大会でも 1896年の第1回アテネ・オリンピック競技大会から実施され,女子は 1984年から参加,今日では参加国は陸上競技に次いで多い。日本でスポーツとして親しまれ始めたのは明治時代からで,競技としては 1924年に関東で学生大会が開かれたのが普及端緒。使用する器の形状や弾薬,競技方法により,ライフル射撃競技 (ピストルを含む) とクレー射撃競技の二つに大別される。さらに射撃の姿勢や弾数などによって,種目が細かく分類されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゃげき‐きょうぎ〔‐キヤウギ〕【射撃競技】
銃を用いて標的を撃つ競技。クレー射撃ライフル射撃とに大別される。オリンピックの正式種目。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゃげききょうぎ【射撃競技】
射撃競技は,散弾銃を使用するクレー射撃とライフル射撃に大別される。さらにライフル射撃は,銃腔(じゆうこう)に腔旋(こうせん)が切ってある銃を使った射撃であり,いわゆるライフル射撃とピストル射撃に分類される。広義には,弩(ど)などによるものも射撃だが,銃器の性能がそれらと比較し格段に向上したことで,射撃競技は銃器での射技を競うスポーツとして世界的に普及している。なお,銃器を使用する他のスポーツとしては狩猟がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

射撃競技
しゃげききょうぎ
shooting
散弾銃・ライフル銃・空気銃・拳銃(けんじゅう)・空気拳銃・古式銃など各種の銃器を使用して標的を狙撃(そげき)する競技。

歴史

射撃競技はヨーロッパ各地に銃が普及し始めた15世紀から16世紀にかけて急速に広まった。国際的な競技大会は、1897年、フランスのリヨンで行われた第1回世界射撃選手権大会である。オリンピック大会では、第1回アテネ大会(1896)から実施されている。
 日本の射撃競技は、明治維新後まもなく民間人が室内射撃場を設置し、銃器、弾薬を政府から購入して射撃練習をした記録があり、これが民間射撃の始めとされている。1925年(大正14)の第2回明治神宮競技大会から射撃競技は正式種目として採用され、一般、学生、在郷軍人の3部に分かれて実施された。1937年(昭和12)には大日本射撃協会が結成され、翌年には国際射撃連合に加盟した。第二次世界大戦終戦とともに大日本射撃協会は解散したが、1949年(昭和24)には日本射撃協会が設立され、翌年には第1回全日本ライフル射撃選手権大会を開催した。1951年には日本体育協会(現、日本スポーツ協会)に加盟。同年の国民体育大会に正式種目として参加し、現在に至っている。また、1951年12月には国際射撃連合に復帰、再加盟した。[日本ライフル射撃協会]

競技の種類

射撃競技は、国際的にはシューティングshootingという名称が使われ、ライフル射撃競技rifle shooting、ピストル射撃競技pistol shooting、クレー射撃競技clay target shootingほかに分けられる。
 なお、日本国内ではライフル射撃競技という名称のなかにライフル射撃競技とピストル射撃競技が包括されている。このほか、空中に放出されるクレー・ピジョン(動標的)を散弾銃で撃つクレー射撃競技や、限られた時間内で地上を走行する紙製動標的を射撃するランニングターゲット射撃競技、火縄銃・同短筒など古式銃による前装銃射撃競技などがある。また、複合種目のなかにピストル射撃競技を加えた近代五種競技(2012年オリンピック・ロンドン大会からは光線銃ピストルを使用)、スキーの距離競技にライフル射撃を加えたバイアスロン競技(冬季近代二種)もある。これらの射撃競技を統括する組織として、ライフル射撃競技およびピストル射撃競技には日本ライフル射撃協会、クレー射撃およびランニングターゲット射撃競技には日本クレー射撃協会、近代五種競技には日本近代五種協会、バイアスロン競技には日本バイアスロン連盟がある。
 なお、日本国内では競技で使用する銃砲であっても、光線銃(ビームライフル、ビームピストルなど)を除き、銃刀法(銃砲刀剣類所持等取締法)によりその所持、使用について厳しい制限が課せられている。[日本ライフル射撃協会]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

射撃競技」の用語解説はコトバンクが提供しています。

射撃競技の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation