@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

将門記【しょうもんき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

将門記
しょうもんき
平安時代中期の軍記物語平将門を扱った変体漢文の作品。「まさかどき」とも読む。1巻。作者成立年次とも定説がないが,承徳3 (1099) 年書写本 (真福寺本) の奥書には「天慶三年六月中記文」とあり,それより古い書写とされる楊守敬本もある。承平5 (935) 年将門が伯父たちと争いを起してから,朝廷に対する反乱に発展し,天慶3 (940) 年4月将門らの首が京にもたらされるまでを,将門に同情する立場から描き,後日談として将門が地獄に落ちたことを記す。記事に重複矛盾があり,初め関東で成ったのち,京都で増補されたものかといわれる。律令制の矛盾が集約的に現れた地方の動静を伝える史料として,また中世軍記物語の先駆として貴重な作品。しかし,『平家物語』などが芸能などによって広く流布したのに対して,本書は一個の文献にとどまり,後世の「将門伝説」とも無縁であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

将門記
まさかどき
将門記」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうもんき〔シヤウモンキ〕【将門記】
平安中期の軍記物語。1巻。作者未詳。天慶3年(940)平将門(たいらのまさかど)の乱後まもなく成立。乱の経緯を、変体漢文記述。のちの軍記物の先駆とされる。まさかどき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まさかどき【将門記】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょうもんき【将門記】
軍記物語。一巻。作者未詳。平将門討伐後まもなく成立。将門の乱の始終を変体漢文でしるす。のちの軍記物の先駆をなす。乱の唯一の史料でもある。まさかどき。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まさかどき【将門記】
しょうもんき将門記

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうもんき シャウモンキ【将門記】
軍記物語。一巻。作者不詳。天慶三年(九四〇)将門(まさかど)の乱(天慶の乱=平将門の叛乱)の終息後、まもなく成立か。乱の経緯を和風化した漢文でしるす。関東で平将門の軍事行動に加わった者の記録をもとに、京都の文化人の手によって成ったかと推定されている。独立した最初の軍記物。まさかどき。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まさかどき【将門記】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

将門記
しょうもんき
平安中期の軍記物
「まさかどき」とも読む。940年成立。1巻。作者不詳。平将門 (まさかど) の乱の次第について詳細に記した根本史料漢文体で書かれ,戦記文学として最初のもの。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

将門記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

将門記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation