@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

将門【まさかど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

将門
まさかど
歌舞伎舞踊曲。常磐津。本名題忍夜恋曲者 (しのびよるこいはくせもの) 』。山東京伝作『善知鳥 (うとう) 安方忠義伝』によって宝田寿助が脚色,5世岸沢式佐作曲。天保7 (1836) 年7月市村座で『世善鳥相馬旧殿 (よにうとうそうまのふるごしょ) 』の1番目大切として初演謀反を企てた平将門の娘滝夜叉姫が遊女如月に変装し,詮議のため忍び込んだ大宅太郎光圀を色仕掛けで味方に引入れようとするが,光圀に見破られて2人の立回りとなる筋。如月クドキ,光圀の語り,郭噺,手踊り,屋台崩しと,さまざまな見どころが盛込まれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐もん〔シヤウ‐〕【将門】
大将の家柄将軍一門

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まさかど【将門】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

将門
古典落語の演目のひとつ。芝居ばなし。「追いだき」の別題。平将門が討たれた故事に基づく。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まさかど【将門】
歌舞伎舞踊。常磐津。通称《滝夜叉》とも。本名題《忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)》,のちに《忍夜孝事寄(しのびよるこうのことよせ)》とも。1836年(天保7)7月江戸市村座一番目狂言《世善知鳥相馬旧殿(よにうとうそうまのふるごしよ)》の六建目大詰に初演。作詞宝田寿助,作曲5世岸沢式佐,振付4世西川扇蔵。傾城如月(きさらぎ)実は平将門の娘滝夜叉姫を市川九蔵,源頼信の臣大宅太郎光圀を12世市村羽左衛門が演じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しょう‐もん シャウ‥【将門】
〘名〙 大将の家柄。将軍となる家柄。
※翰林葫蘆集(1518頃)一四・鹿苑院殿百年忌陞座・散説「公自生于将門、至昇子太政大臣之位
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉四「其述ぶる処は、多く戦乱の有様、若しくは帝統将門の確執等を記するに止まる」 〔史記‐孟嘗君伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まさかど【将門】
[一] 歌舞伎所作事。常磐津。宝田寿助作詞。五世岸沢式佐作曲。二世藤間勘十郎・四世西川扇蔵振付。本名題「忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)」。天保七年(一八三六)江戸市村座の「世善鳥相馬旧殿(よにうとうそうまのふるごしょ)」の一番目大詰で初演。平将門の旧居の古御所で、将門の娘滝夜叉(たきやしゃ)が遊女に化け大宅太郎光圀を色仕掛けで味方にしようとするが見破られ、妖術で闘う。
[二] (平安時代の武将) ⇒たいらのまさかど(平将門)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

将門
(通称)
まさかど
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
式三番柱暦 など
初演
元禄16.1(江戸・森田座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

将門
まさかど

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

将門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

将門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation