@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

導入【ドウニュウ】

デジタル大辞泉

どう‐にゅう〔ダウニフ〕【導入】
[名](スル)
外部から導き入れること。引き入れること。「新型機器を導入する」「外資導入
小説や音楽などで、主題に入る前のはじまりの部分。「導入部」
学習を始めるにあたり、児童生徒関心・興味をよびおこさせるための準備的段階

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

どうにゅう【導入】
スル
導き入れること。 外資を-する 新しい機械を-する
物語の始まりの部分。文章・講話・映像などの初めの部分。導入部。
本格的な授業に入る前に、生徒に学習内容に対する関心をもたせる段階。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐にゅう ダウニフ【導入】
〘名〙
① (━する) 人や物をある場所、状態にみちびき入れること。また、学問、技術、方法など選んでとり入れること。
※教育学(1882)〈伊沢修二〉四「清浄の外気を導入し、内部の不浄空気と新陳代謝せしむ」
② 音楽や小説などで、主題に入る前のはじまりの部分。
※オールド・ノース・ブリッジの一片(1968)〈島尾敏雄〉「導入の音楽がはじまると」
③ 学習指導の過程の最初の段階。学習内容を効果的に児童生徒が学習するための予備的段階で、主として学習意欲を高め、学習の方向づけをする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みちびき‐い・れる【導入】
〘他ラ下一〙 みちびきい・る 〘他ラ下二〙 導いて中に入れる。
※落窪(10C後)四「少将しるべして、みち引入つ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

導入」の用語解説はコトバンクが提供しています。

導入の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation