@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小乗仏教【しょうじょうぶっきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小乗仏教
しょうじょうぶっきょう
Hīnayāna buddhism
hīnayānaとは「劣った乗物」の味。釈尊以後,その伝統を較的そこなわずに継承し,複雑で形式的な「法の研究」を主体とした,部派仏教をいう。いわば民衆の間から起った大乗仏教の側からの軽侮した表現。今日では上座部仏教 Theravāda buddhismとも呼んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうじょうぶっきょう【小乗仏教】
仏教の創始者釈迦の滅後約100年して(前3世紀半ばアショーカ王の頃と思われる)仏教教団はしだいに20ほどの部派に分裂し,煩瑣にして壮大な論蔵(アビダルマ(阿毘達磨)abhidharma)を打ち立て論争を行った。この時代の仏教を小乗仏教といい,西洋中世のキリスト教スコラ哲学に比肩される。サンスクリットでヒーナヤーナHīnayāna(〈小さな乗物〉の意)というが,〈小乗〉とは大乗仏教からの貶称であり公平な呼称ではない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

しょうじょう‐ぶっきょう〔セウジヨウブツケウ〕【小乗仏教】
小乗のこと。呼称としては明治以後、用いられるようになった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小乗仏教
しょうじょうぶっきょう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうじょう‐ぶっきょう セウジョウブッケウ【小乗仏教】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

小乗仏教
しょうじょうぶっきょう

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小乗仏教」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小乗仏教の関連情報

関連キーワード

ネーピードーアイヌ語ミャンマー小乗

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation