@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小乗【ショウジョウ】

デジタル大辞泉

しょう‐じょう〔セウ‐〕【小乗】
《「」は車・乗り物の。転じて、人を解脱に導く教えのこと》仏語。後期仏教の二大流派の一。大乗に比して、自己の悟りを第一とする教え。大乗側からの貶称(へんしょう)。インド・ミャンマー・タイなどがこの系統に属する。⇔大乗

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうじょう【小乗】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しょう‐じょう セウ‥【小乗】
〘名〙 (hīnayāna の訳語。小さな乗り物の意) 仏語。後期仏教の二大流派の一つ。仏滅後、部派仏教の展開とともに、別に菩薩の道を説く教徒が起こり、自ら大乗と称し、部派を小乗とけなしたところからいう。自己の得脱を主とする声聞・縁覚の教えとされる。阿含経や四分律・五分律などの律、婆沙論・倶舎論などの論に依るもの。現在、スリランカ・タイなどの仏教は多くこの系統に属する。小法。小乗仏教。小乗教。
※続日本紀‐天平勝宝元年(749)閏五月癸丑「一切大乗小乗。経律論抄䟽章等。必為転読講説。悉令尽竟
※観智院本三宝絵(984)下「小乗の懺悔はただ軽き咎をのみ失ふ」
[語誌](1)今日では小乗を南伝仏教、大乗を北伝仏教と言う。小乗(南伝)は歴史的には紀元前三世紀に成立した上座部と、同じく二世紀中頃の説一切有部があり、共にインドで生まれている。前者はスリランカや東南アジアに伝わり、後者は大乗と共に中国、日本に伝わった。
(2)日本では奈良時代の「成実論」、「倶舎論」、律、法相宗(「解深密経」「成唯識論」による。興福寺、薬師寺、法隆寺、清水寺がこの宗による)に見られる。挙例の「続日本紀」はこれである。
(3)平安時代に入って「観智院本三宝絵」の「比叡の懺法」の例は伝教大師最澄が大乗を主張し小乗を排した例である。以後日本では大乗が主流になる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小乗
しょうじょう
小乗仏教」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小乗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小乗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation