@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小作【こさく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小作
こさく
一定の代価を支払って他人の土地を耕作すること。奈良,平安時代においてはこれを「売買」と称したこともあった。小作という語は,室町時代末期に作人職を帯した者が,他人にその地を耕作させること,すなわち「又小作」から生じたといわれるが,それが一般用語となるのは江戸期のことと思われる。場所によって,下作,入作,請作などと称される場合もある。なお,江戸時代初期においては,地主が強い身分的支配権をもつ小作,すなわち名子が多かったが,中期以降,先進地帯より次第にその姿を消した。この時代の普通小作は,名田小作と,質地小作とに大別される。名田小作は,地主がその土地を他人に租するものであって,無年季小作,年季小作,永小作の3種に分けられる。上のうち,その小作人の有する権利は,無年季小作が最も弱く,永小作が最も強い。質地小作は,田畑の質権者が,その土地を小作させるもので,質置主を小作人とするときは,これを直小作,第三者のときは,これを別小作と称した。なお,小作料の支払方式についても,さまざまな慣行,取決めがあり,場所によっては労役をもってこれに代えることも行われていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐さく【小作】
小作料を支払って、地主から借りた田畑を耕作すること。また、その人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こさく【小作】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こ‐さく【小作】
〘名〙 地主から土地を借り借地料を払って耕作または養畜の事業を行なうこと。また、その人。地主と小作人との間の契約の違いにより直小作、別小作、永小作、名田小作等種々ある。下作(したさく)。請作(うけさく)。掟作(おきてさく)。卸作(おろしさく)。⇔自作。〔地方凡例録(1794)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ‐づくり【小作】
〘名〙 (形動)
① 作り方が小さいこと。小さなつくり。また、そのもの。小型。また、こぢんまりしたさま。
※浄瑠璃・艷容女舞衣(三勝半七)(1772)下「格子作りも小づくりに」
② からだのつくりが小さいこと。また、そのさま。小柄(こがら)。⇔大作り③。
※浮世草子・好色二代男(1684)四「三十四五にて小作(コヅクリ)なる男」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小作の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation