@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小倉藩【こくらはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小倉藩
こくらはん
江戸時代,豊前国企救 (きく) 郡 (福岡県) を領有した毛利勝信関ヶ原の戦いで西軍についたため改易されて,慶長7 (1602) 年同国の中津から細川忠興が 39万 9000石で転入。寛永9 (32) 年,細川氏に代って播磨明石から小笠原忠真が 15万石で転入。小笠原氏は譜代,江戸城帝鑑間詰。慶応2 (1866) 年第2次長州征伐の際,長州軍に居城小倉城を奪われて同国の香春 (かわら) に退き,その後は香春藩とも称して廃藩置県にいたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

小倉藩
豊前国、小倉(こくら)(現:△福岡県北九州市▽)を本拠地とした藩。関ヶ原の戦いの後、毛利氏が改易され、豊前一国と豊後国の一部を与えられて入封した細川忠興が小倉城を築いた。寛永年間に国替えにより譜代の小笠原忠真(ただざね)が播磨国から15万石で入封、以後明治維新まで小笠原氏が10代にわたり藩主をつとめた。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

こくらはん【小倉藩】
江戸時代豊前(ぶぜん)国企救(きく)郡小倉(現、福岡県北九州市小倉)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち譜代(ふだい)藩。藩校は思永館。1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦い後、改易(かいえき)された毛利勝信(かつのぶ)に代わって、細川忠興(ただおき)が入封(にゅうほう)。忠興は豊前国に豊後(ぶんご)国国東(くにさき)・速見(はやみ)2郡を合わせて30万石(内高(うちだか)は39万9000石)を領した。当初、忠興は中津を城地としたが、02年に小倉に移って小倉城に藩庁をおいた。32年(寛永(かんえい)9)、2代忠利(ただとし)が肥後(ひご)国熊本藩へ転封(てんぽう)(国替(くにがえ))されたあと、小笠原忠真(ただざね)が播磨(はりま)国明石藩から15万石で入封。以後明治維新まで、西国(さいごく)の固めとして、譜代の小笠原氏による支配が10代続いた。長州征伐では、第1次から幕府軍側として参戦、1866年(慶応(けいおう)2)の第2次の際には小倉城に自ら火を放ち、田川郡香春(かわら)に撤退、このとき香春藩となった。さらに69年(明治2)、豊津(とよつ)に藩庁を移して豊津藩と称した。71年の廃藩置県豊津県となり、その後、小倉県を経て76年福岡県に編入された。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくらはん【小倉藩】
豊前国(福岡県)企救(きく)郡小倉に居城を据えた藩。1587年(天正15)より毛利勝信が企救・田川2郡を領していたが関ヶ原の戦後改易され,代わって細川忠興が丹後国宮津より入部,豊前一国および豊後国国東(くにさき)・速見2郡をあわせ30万石(内高39万9000石)を領した。細川氏は1602年(慶長7)より小倉城を築き,領内の検地および戸口調査を実施,手永(てなが)制度を創設,また城下町を整備して藩制の基礎を定めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

小倉藩
こくらはん
豊前(ぶぜん)国企救(きく)郡小倉(福岡県北九州市)に藩庁を置いた藩。藩主小笠原(おがさわら)氏。譜代(ふだい)。豊臣(とよとみ)秀吉の九州平定後、毛利勝信(もうりかつのぶ)が6万石を与えられて小倉に入ったが、1600年(慶長5)関ヶ原の戦いのとき西軍に属し、中津の黒田孝高(よしたか)に攻め落とされた。戦後、細川忠興(ただおき)が豊前(ぶぜん)1国、豊後(ぶんご)国(大分県)国東(くにさき)、速見(はやみ)2郡を与えられて中津に入り、1602年小倉に城を築いてここに移った。細川氏は忠興、忠利の2代在封し、1632年(寛永9)肥後熊本に移った。このあと播磨(はりま)国(兵庫県)明石(あかし)の小笠原忠真(ただざね)が企救、田川、京都(みやこ)、築城(ついき)、仲津、上毛(こうげ)6郡に15万石を与えられて小倉に入った。これは九州の枢要の地豊前に武功の家柄を誇る小笠原氏を配して、九州の有力外様(とざま)大名の監視役にしようとしたもので、このため小笠原氏は江戸幕府の九州探題と称された。忠真のあと忠雄、忠基、忠総(ただふさ)、忠苗(ただみつ)、忠固(ただかた)、忠徴(ただあきら)、忠嘉(ただひろ)、忠幹(ただとし)、忠忱(ただのぶ)と10代続いたが、1866年(慶応2)第二次長州征伐のとき長州藩に攻められて小倉城を自焼、田川郡香春(かわら)に移って香春藩と称した。翌年1月企救郡を長州藩に預けて講和。維新後の1870年(明治3)藩庁を京都郡豊津(とよつ)(みやこ町)に移し豊津藩と称した。翌1871年7月廃藩、豊津県を経て、同年11月小倉県となり、1876年福岡県に統合された。[柴多一雄]
『『新編物語藩史 第11巻』(1975・新人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小倉藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小倉藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation