@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小僧【コゾウ】

デジタル大辞泉

こ‐ぞう【小僧】
仏門に入って、まだ修行中の男の子。年少の僧。雛僧(すうそう)。「門前の小僧習わぬ経を読む」
商店などで使われている年少の男の子。でっち。「紙問屋の小僧に行く」
年少の男子を見下していう語。小僧っ子。こわっぱ。「はなたれ小僧

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こぞう【小僧】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こ‐ぞう【小僧】
〘名〙
① 年少の僧。小坊主。しょうそう。また、僧を卑しめていう語。
※今昔(1120頃か)二八「然らば御前をば、小寺の小僧とこそ可申かりけれ」
② 商店などで使われている少年。少年店員。丁稚(でっち)
※洒落本・婦美車紫(1774)高輪茶屋の段「そんならあの小ぞうにもたせてやってくれめされ」
③ こども。また、特に、年少の男子を見下げいやしめていう語。こわっぱ。小僧っ子。
※雑俳・柳多留‐三(1768)「小そうめを仕事にしやとわらじはく」
④ 一人前でない遊女や小女(こおんな)などをさす近世の遊里語。
※黄表紙・三筋緯客気植田(1787)上「みんなこぞうをあいてにして」
⑤ 膝をいう幼児語。ひざこぞう。
⑥ 陰茎の異称。
※雑俳・柳多留‐一五三(1838‐40)「饅頭を見せても小僧寐て起ず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小僧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小僧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation