@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小右記【しょうゆうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小右記
しょうゆうき
右大臣藤原実資 (さねすけ) の日記。現在写本として伝えられているのは,天元1 (978) 年から長元5 (1032) 年までの部分。実資が小野宮右大臣 (右府) と呼ばれたことからこの記名があり,『小記』『野府記』などとも呼ばれる。藤原道長,頼通父子という藤原氏の最も栄えた時代を背景に,実資自身,博識で教養に富み,きちょうめんであったため,記事はすこぶる広範囲にわたり興味のあるものが多く,平安時代の日記の白眉とされている。道長の「この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば」の歌も,実資の日記に書きとめられた和歌である。『史料大成』『大日本古記録』所収。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうゆうき〔セウイウキ〕【小右記】
平安中期の公卿、小野宮右大臣藤原実資(ふじわらのさねすけ)の日記。天元元年(978)から長元5年(1032)にかけての、藤原氏最盛期の政治・社会・儀式などを記述。当時の宮廷実情を知るための重要な史料。野府記。小記。おうき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうゆうき【小右記】
右大臣藤原実資(さねすけ)の日記。祖父実頼が小野宮と称したのに対して実資は後小野宮と称し,右大臣であったことから《小右記》という。《野府記》《続水心記》とも呼ばれる。982年(天元5)より1032年(長元5)までの記事が伝わるが,中間の欠逸が少なくない。内容は宮廷の政務儀式を中心に,公私両面にわたり詳細な記事を伝えている。《権記(ごんき)》《御堂関白記(みどうかんぱくき)》《左経記(さけいき)》と時期が並行し,相互に対照することにより得るところが多いが,とりわけ《御堂関白記》の記主藤原道長の言動への鋭い批判が随所に見え,権貴におもねることをいさぎよしとしない実資の性格をよく表している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

小右記
しょうゆうき

平安中期の公卿(くぎょう)藤原実資(さねすけ)(957―1046)の日記。彼の通称小野宮(おののみや)右大臣から名がついた。「おうき」とも読み、『野府記(やふき)』『続水心記』ともいう。978年(天元1)から1036年(長元9)の約60年の長期間にわたるため欠巻も多い。1日の記事が長く、文章が具体的でわかりやすいうえ、実資の解釈や感想が付け加えられているので、貴族の日記として代表的であるだけでなく平安中期の基本的な史料として貴重である。内容は、藤原道長(みちなが)が権力を得てから没するまでの時代と重なるため、道長に関する記事が多いことはもちろんだが、ほかにも受領愁訴(ずりょうしゅうそ)の増加、刀伊(とい)の入寇(にゅうこう)など多くの興味深い記事を含む。とくに実資が小野宮家の嫡流としての気概をもち道長に迎合せず、批判すべき点ははっきり書いている点に特色がある。

 現在実資の自筆本は発見されておらず、平安・鎌倉期の古写本として伏見宮(ふしみのみや)本、前田本、九条本などのほか、江戸時代の新写本として東山御文庫(ひがしやまごぶんこ)本、内閣文庫本などがあり、刊本は『史料大成』(全3巻)、『大日本古記録』(全11巻)に収められている。

 また本記とともに重要な史料である『小記(しょうき)目録』は、日記の始まる978年から1032年までの記事の目録をとり、内容別に20巻に分類したもので、18巻が現存する。1033年以後の早い時期に本記の検索の便宜のため作成されたと考えられ、本記の欠落する部分について補うことができる。『史料大成』『大日本古記録』所収。

[吉田早苗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうゆうき セウイウキ【小右記】
平安中期の日記。巻数不明。藤原実資(さねすけ)の著で、書名は著者の通称小野宮右大臣にちなむ。天元五年(九八二)から長元五年(一〇三二)の部分が現存するが欠巻部分が多い。摂関制下の社会の実情、宮廷の儀式・典礼の次第などの重要史料。本書中の一連の道長批判は有名。「おうき」ともよむ。野府記。小記。小右相記。続水心記。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

小右記
しょうゆうき
平安中期,小野宮右大臣藤原実資 (さねすけ) の日記
『野府記 (やふき) 』ともいう。61巻。978〜1032年の日記で,藤原道長の全盛期にあたり,当時の政治・社会を知るうえで最も重要な史料。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小右記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小右記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation