@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小名浜【おなはま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小名浜
おなはま
福島県南東部,いわき市の一地区。旧町名。 1954年近隣町村と合体して磐城市となり,66年からいわき市の一部。古くは女浜と呼ばれ,のちに小名浜と改められた。江戸時代は茨城県の平潟港とともに東廻海運良港といわれた。漁港および各藩の廻米積出港であったが,安政2 (1855) 年内郷白水で炭層が発見されてから石炭積出港としても栄えた。現在は工業港としての性格が強く,重化学工業地域として発展。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おなはま〔をなはま〕【小名浜】
福島県いわき市の地名。旧磐城(いわき)市の中心。太平洋に面する国際貿易港、また遠洋漁業基地。化学工業が盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おなはま【小名浜】
陸奥国(福島県)磐前郡の港町。米野村,中島村,中町村,西町村によって構成されており,江戸初期は磐城平藩内藤氏の領内で,磐城七浜随一の漁港として栄え,寛文年間(1661‐73)に書かれた《磐城風土記》によれば漁船100艘,廻船10艘,塩釜8があり,カツオ漁でにぎわったという。また東廻海運が開かれてからは,その寄港地,避難港として重視され浦役人が置かれるに至った。そのため幕府は,1747年(延享4)内藤氏の移封後直轄化し,陣屋を置いて代官を配置し支配した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おなはま【小名浜】
福島県いわき市の一地区。太平洋に臨む漁港・工業港で、化学工業が盛ん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小名浜
おなはま
福島県南東部、いわき市の一地区。旧小名浜町。江戸時代の初めから四倉(よつくら)と並ぶ大浜であり、寛文(かんぶん)年間(1661~1673)に始まった東廻海運(ひがしまわりかいうん)の港として貢租米の積み出しでにぎわった。江戸末期には石炭の積み出しも行った。現在は重要港湾、国際貿易港に指定されている。漁港区と商港区に分かれ、漁港での水揚げ高は県内一。貿易港としては、セメント、尿素などを輸出、原木、原油などを輸入している。付近は化学工業などの工場が立地している。港の二号埠頭に水族館「アクアマリンふくしま」がある。[原田 榮]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おなはま をなはま【小名浜】
福島県いわき市の地名。旧磐城(いわき)市の中心。太平洋に面する国際貿易港。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小名浜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小名浜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation