@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小咄【こばなし】

世界大百科事典 第2版

こばなし【小咄】
小噺,小話とも書く。短い話の意もあるが,普通は,笑わせる目的のちょっとした話をさし,落語の〈まくら〉などに使われる笑話(笑い話)をいう。この種の笑話は,江戸時代には,軽口(かるくち),落し噺などと呼ばれていたが,明治中期以後,長い一席の落語に対して,まくらの笑話や,短時間で高座をおりる落語家の短い笑話をいうようになった。現在では,江戸小咄,フランス小などと,文字による笑話も小咄と称している。【興津 要】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

小咄
こばなし
小さな話、ちょっとした世間話などの短い話、あるいは、ひそひそ話、ないしょ話のような小声での話などもさすが、ほかに江戸時代の文学ジャンルの一つである噺本(はなしぼん)を前期と後期に分け、前期の上方(かみがた)中心の軽口咄に対し、後期江戸で行われた落語(おとしばなし)をさしてもいう。この呼称は、明治中期以降において、口演の落語の長い話に対して、落語のマクラやクスグリなどに使った短い話を小咄と称したことに始まるようである。江戸時代にはおとしばなし(落噺、落咄、落語、落話、笑府などの字をあてる)と一般にはよばれていた。この江戸小咄を収めた小咄本は1772年(明和9)の『鹿子餅(かのこもち)』を皮切りに安永(あんえい)期(1772~81)に大流行をみせる。従来の「……と云(い)うた」形式の説明体ののんびりとした軽口(かるくち)咄に比べ、話末を会話の言い切りで終わらせ、話もより短く簡潔な表現が特色であり、単なる滑稽譚(こっけいたん)ではなく、作者の鋭いうがちや見立てがその生命であり、軽妙洒脱(しゃだつ)な通(つう)の文学である。[岡 雅彦]
『武藤禎夫編『江戸小咄辞典』(1965・東京堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小咄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小咄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation