@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小国【おぐに】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小国
おぐに
新潟県中部,信濃川の支流渋海川流域にある長岡市南西部の旧町域。柏崎市小千谷市の間に位置する。 1956年小国村,上小国村の2村が合体して町制。 1957年千谷沢村の一部を編入。 2005年長岡市に編入。中世,小国氏が繁栄した地で,小国保と呼ばれる。渋海川は深い峡谷をなして隔絶性が強く,流域の小盆地は小国郷といわれ,長い間舟便が唯一の交通であった。谷には水田が開け八石米を産する。著名な豪雪地で,小国和紙特産がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐こく〔セウ‐〕【小国】
国土が狭い国。また、国力の振るわない国。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

小国(おぐに)
熊本県阿蘇郡小国町にある。国道387号・442号に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうこく【小国】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうこく【小国】
領土の小さい国。勢力の弱い国。 ⇔ 大国

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小国
おぐに

新潟県南部、刈羽郡(かりわぐん)にあった旧町名(小国町(まち))。現在は長岡(ながおか)市の南部を占める地域。1956年(昭和31)上小国村と小国村が合併して町制施行。2005年(平成17)に長岡市に編入。渋海川(しぶみがわ)中流の小国盆地にある地方中心町。国道291号、403号、404号が走る。旧町域は長岡市に編入され、小千谷(おぢや)市、柏崎(かしわざき)市からも10キロメートル前後しか離れていないが、交通的に隔絶された純山村で、中世は豪族小国氏の居城があった。かつては養蚕が盛んであったが、現在では米作が主体。冬季の出稼ぎが盛んである。小国紙の特産地でもあり、その技術は県の無形文化財。

[山崎久雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

小国 (ショウコク)
学名:Gallus gallus var.domesticus
動物。キジ科の鳥

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

お‐くに を‥【小国】
〘名〙 (「お」は接頭語) 小さな国。しょうこく。また、単に国のこと。⇔大国(おおくに)
※古事記(712)中「大国・小国(をくに)の国造(くにのみやつこ)を定め賜ひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おぐに をぐに【小国】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐こく セウ‥【小国】
〘名〙
① 小さな国。領土が狭く人口も少ない国。また、勢力の弱い国。また、へりくだって自分の国をいう。
※聖徳太子伝暦(917頃か)下「西方大国。将東方小国
※平治(1220頃か)上「世もしづまりてこそ、大国も小国も官も加階もすすみ侍らめ」 〔老子‐六一〕
② 鶏の異名。〔和漢三才図会(1712)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation