@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小地区の物語【しょうちくのものがたり】

日本大百科全書(ニッポニカ)

小地区の物語
しょうちくのものがたり
Malostranské povídky

チェコスロバキアの作家ヤン・ネルダの短編小説集。1878年刊。詩人ネルダの書いた最高の散文といわれ、チェコ文学史上の珠玉の一編。この短編はネルダの生まれたプラハの下町――小地区を舞台にしており、この地区に住む小市民の生活を冷静な目で眺めて皮肉な筆致で描き出している。なかでも「こじきを破滅させる話」「ドクトル・カジスビエト」「静かな家の一週間」などは傑作といわれ、このなかのいくつかには邦訳がある。なお、この名作を読んで感銘を受け、ネルダの名前をペンネームにしたのがチリのノーベル賞作家パブロ・ネルーダである。

[千野栄一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小地区の物語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小地区の物語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation