@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小坂町【こさか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小坂〔町〕
こさか
秋田県北東部,十和田湖西岸に接する町。南西は大館市,南東は鹿角市に接する。 1914年町制。 55年七滝村と合体。かつては日本の代表的な鉱山町で,明治以降稼働した鉱山は 30を数える。小坂鉱山が最初に発見されたのは,文久1 (1861) 年で,盛岡藩によって開発され,明治維新後は一時官営となった。亜鉛,銀を産し,大正時代初期には最盛期を迎え,人口も一時は2万余を数えた。第2次世界大戦後の 1959年,内ノ岱 (うちのたい) で高品位黒鉱鉱床を発見。 62年に日本最大の選鉱場が完成したが,採算悪化のため採掘は行われていない。観光に力を入れ,明治時代の本格的木造芝居小屋である康楽館を復元して常設公演を行なっている。十和田湖畔は十和田八幡平国立公園に属し,十和田湖と奥入瀬渓流は特別名勝および天然記念物。東北自動車道の小坂インターチェンジがあり,十和田湖までは十和田大館樹海ラインが通る。面積 201.7km2。人口 5339(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

小坂町
(秋田県鹿角郡小坂町)
日本で最も美しい村」指定の地域遺産。
小坂町は、秋田県の北東部、青森県(平川市・十和田市)との県境に位置する。広大な丘陵と十和田湖外輪山などの山々に囲まれ、総面積の約80%を山林原野が占める。明治~大正期には、日本三大銅山と称えられた小坂鉱山のお膝元で、県下第2の都市として発展した

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小坂町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小坂町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation