@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小堀遠州【こぼり えんしゅう】

美術人名辞典

小堀遠州
江戸前期の茶人・武将遠州流茶道の近江生。名は政一、号は狐篷・宗甫、遠州通称茶道古田織部に学ぶ。作事奉行として建築造園に才を発揮し、二条城仙洞御所などを手掛けた。また書画和歌を能くし、画は松花堂昭乗に学ぶ。書画・古器の鑑定家としても有名。のちに伏見奉行となる。正保4年(1647)歿、69才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

こぼり‐えんしゅう〔‐ヱンシウ〕【小堀遠州】
[1579~1647]江戸初期の茶人・造園家。遠州流茶道の祖。近江(おうみ)の人。名は政一。号、宗甫・孤篷(こほう)庵。遠江守(とおとうみのかみ)。豊臣秀吉徳川家康秀忠らに仕え、作事奉行を務め、建築・造園に才能した。茶道を古田織部に学び、和歌・書・茶器鑑定にもすぐれ、陶芸も指導した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小堀遠州 こぼり-えんしゅう
1579-1647 江戸時代前期の大名,茶人。
天正(てんしょう)7年生まれ。元和(げんな)5年備中(びっちゅう)(岡山県)松山藩主から近江(おうみ)(滋賀県)小室藩主小堀家初代となる。1万2000石。幕府の作事奉行として,駿府(すんぷ)城,仙洞(せんとう)御所などを造営,各地で庭園もつくる。9年伏見奉行。古田織部にまなんで遠州流茶道の祖となり,将軍や大名に茶道を指南した。正保(しょうほ)4年2月6日死去。69歳。近江出身。名は政一(まさかず)。号は宗甫(そうほ),孤篷庵。
【格言など】昨日といひ今日とくらしてなすこともなき身のゆめのさむるあけぼの(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こぼりえんしゅう【小堀遠州】
1579‐1647(天正7‐正保4)
江戸初期の茶人,遠州流の祖,また江戸幕府の奉行として建築,土木,造園を手がけた。名は政一,通称作介,号は孤篷庵。近江国小堀村(現,長浜市)に生まれる。はじめ豊臣秀吉に仕え,のち徳川家康に従い,父正次の死後は家を継いで近江小室1万石を領して遠江守に任ぜられた。早くより古田織部に茶の湯を学び,品川御殿作事奉行の任にあった1636年(寛永13),同御殿で3代将軍徳川家光に献茶し,ここからいわゆる将軍家茶道師範の称がおこった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小堀遠州
こぼりえんしゅう
[生]天正7(1579).近江
[没]正保4(1647).2.7. 京都
江戸時代初期の大名で三大茶人の一人。建築,庭園,陶芸の巨匠。字は政一,幼名は作助。号は宗甫,孤篷庵,大有など。慶長 13 (1608) 年遠江守に任じられてから遠州と称した。古田織部に茶を学び遠州流を立てる。松花堂昭乗,徳川家光,沢庵宗彭,狩野守信などはこの流派の弟子。同 11年,禁中および江戸幕府の作事奉行となり土木建築,造園の指導を行う。遺作として大徳寺孤篷庵茶室と庭園,南禅寺金地院庭園などが著名。また,陶芸品の改良指導にも努め,遠州七窯 (志戸呂,上野,朝日,赤膚,膳所高取,古曾部) のほか,信楽伊賀丹波などの諸窯でも意匠指導を行なった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小堀遠州
こぼりえんしゅう
(1579―1647)

江戸初期の武家、茶人。遠州流茶道の開祖。天正(てんしょう)7年近江(おうみ)坂田郡小堀村(現滋賀県長浜市)に生まれる。名は作介、政一。号を宗甫という。遠州の名は1604年(慶長9)、父正次の没後、従(じゅ)五位下遠江守(とおとうみのかみ)に叙任されたことによる。16年(元和2)、28歳のとき、後陽成院(ごようぜいいん)御所の作事奉行(ぶぎょう)を命ぜられたのを手始めに、以後、江戸城、駿府(すんぷ)城、名古屋城(天守)、伏見(ふしみ)城(本丸)、禁裏(後水尾(ごみずのお)天皇)御所、女御(徳川和子)御殿、大坂城(天守・本丸)、金地院(こんちいん)(数寄屋(すきや)・庭園)、仙洞(せんとう)(後水尾院)御所、二条城(二の丸)、近江水口(みなくち)城、伊庭(いば)茶室、江戸東海寺(庭園)など、連年のごとく幕府・宮廷関係の各種建築・茶室・庭園の作事にかかわり、これは60代の初めまで続いている。24年(寛永1)伏見奉行に任じられ、正保(しょうほう)4年2月、没するまで在職した。父譲りの実務的な才能に加え、家康・秀忠(ひでただ)の信任を得ていた岳父藤堂高虎(とうどうたかとら)の後ろ盾もあり、公武にわたって活躍、その職掌を通じて豊かな古典の知識教養の持ち主となった。『伊勢(いせ)物語』に擬して二つの紀行文を著し、定家風の書をよくした。茶道具に、その由来や姿形にふさわしい古歌をもって銘をつけたのは遠州に始まるといってよい。

 茶の湯については、10歳のとき大和郡山(やまとこおりやま)城で千利休(せんのりきゅう)の点前(てまえ)を実見して以来関心をもち、慶長(けいちょう)年間(1596~1615)利休没後茶の湯名人となった古田織部(ふるたおりべ)に師事して伝授を受け、織部流を根幹に、利休流を適宜取捨して一流をつくりだした。その茶の湯観は「書き捨て文」や「壁書条々」にみられ、封建倫理が導入されているものの、王朝ぶりの感性に富んでいるのが特徴、その美意識が「きれいさび」と称されたゆえんである。大徳寺龍光院内に江月宗玩(こうげつそうがん)を請(しょう)じて孤篷庵(こほうあん)を営んだが、茶席忘筌(ぼうせん)には遠州の好んだ書院茶の湯の世界が示されている。伏見の屋敷で没。

[村井康彦]

『村井康彦著『茶の湯人物志』(角川選書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こぼり‐えんしゅう【小堀遠州】
江戸初期の大名、茶人、建築・造園家。遠州流茶道・華道の祖。名は政一。号は宗甫・孤篷庵。遠江守。近江(滋賀県)の人。茶道を古田織部、歌道を冷泉為満に学ぶ。豊臣秀吉、徳川家康に仕えて作事奉行、伏見奉行となり、徳川家光に茶道を師範。茶室の代表作に大徳寺孤篷庵、南禅寺金地院などがある。また、遠州七窯(ななかま)を開き、中興名物の茶器を選定。書画、和歌、生花などにもすぐれた才能を示した。天正七~正保四年(一五七九‐一六四七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

小堀遠州
こぼりえんしゅう
1579〜1647
江戸前期の大名茶人・造園家
近江(滋賀県)の人。初め豊臣家に仕え,関ケ原戦いののち徳川家に仕えた。茶道では古田織部の門下で,遠州流をおこし,3代将軍家光の茶道師範。造園・建築にもすぐれ,桂離宮・大徳寺孤篷庵などが著名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小堀遠州」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小堀遠州の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation