@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小売店【コウリテン】

デジタル大辞泉

こうり‐てん【小売店】
小売りをする店。消費者に直接品物を売る店。「大型小売店

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうりてん【小売店】
小売業は貨幣の発明とともに始まるといわれるが,人間が経済生活を営むうえで欠くことのできなかったのが,この小売業であった。しかし社会が進歩し生産と文化が発展して人類生活様式複雑となるにつれて,この小売業を支える小売店の形態もまた変化し多岐にわたるようになった。近代的小売形態としてまず登場するのは百貨店であり,1860年代のフランス,アメリカ,イギリスなど先進諸国の大都市に出現した。以後の小売形態の革新流通革命がいち早く進行したアメリカで生じてくるが,百貨店に続いて1890年代にはチェーン・ストア通信販売業が出現し,また1930年代には食料品販売の革新的店舗としてスーパーマーケットが登場している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こうり‐てん【小売店】
〘名〙 物品の小売をする商店。小売屋。こうりみせ。〔投機市場論(1926)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうり‐みせ【小売店】
※小津桂窓宛馬琴書簡‐天保六年(1835)一月一一日「遠方小うり見せより日々さいそく被致」
※すみだ川(1909)〈永井荷風〉六「ごたごたした千束町の小売店(コウリミセ)の暖簾や旗なぞが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小売店」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小売店の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation