@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小姓【こしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小姓
こしょう
小性とも書く。武家の職名。将軍藩主などの身辺雑用をつとめる者。語源扈従 (こしょう) であろう。室町幕府の将軍に近侍した者を小姓衆と呼んだことに始り,役名となった。江戸幕府においては,表小姓奥小姓があって,ともに若年寄支配に属した。奥小姓は役高 500石,小身 (身分の低い俸禄の少い人) の者には役料として 300俵が給された。約 30人の定員であったが,その肝煎役 (きもいりやく) としては数人の小姓組頭がいた。だいたいは小身の者が多かったが,5代将軍徳川綱吉のときには1万石以上で任じられる者もあり,その人選もきびしく,人品を選ぶこと第一といわれた。また,中奥で一勢力をなしたといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐しょう〔‐シヤウ〕【小姓/小性】
貴人のそば近くに仕えて、身の回りの雑用を務める役。また、寺院で、住職に仕える役。多くは少年で、男色の対象ともなった。
武家の職名。江戸幕府では若年寄配下で、将軍身辺の雑用を務めた。
子供。少年。小冠者(こかんじゃ)。
「あれほどの、―一人を斬ればとて」〈謡・橋弁慶

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こしょう【小姓】
武家の職名。小性とも書く。古来,身分の高い人が他出するときに随従する人々や家臣扈従人(こしようにん),扈従輩などと称したが,この扈従を字したのが小姓であるといわれている。主君に近侍してその身辺の雑務にあたるほか,外出の戦場にあっても騎馬もしくは徒歩にて側近く仕える近臣の称呼である。鎌倉・室町幕府の職制の中にこの職名はみられないが,室町時代末期には将軍の近臣を指す称呼として〈小性〉〈小性衆〉がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

小姓
こしょう

小性とも書く。主君に近侍し、身辺の雑用をたす武士。江戸幕府には小姓(奥小姓ともいう)と中奥(なかおく)小姓(表(おもて)小姓ともいう)とがあった。いずれも草創期の設置。小姓の員数は20~30人。なかに小姓頭取が数人あった。常時将軍に近侍し、身辺の雑務に従い、将軍の大奥(おおおく)出入りの際は、かならずその送迎を任務とした。平の小姓、頭取ともに若年寄支配、諸大夫、役高500石、家禄(かろく)1000石以下は役料300俵であった。中奥小姓の員数は20~30人。もっぱら中奥に出仕し、儀式のあるときは配膳(はいぜん)役送に従い、そのほか諸般の雑務をつかさどった。若年寄支配、諸大夫、持高、山吹間(やまぶきのま)詰であった。

[北原章男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小姓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小姓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation