@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小山内薫【おさない かおる】

美術人名辞典

小山内薫
劇作家・演出家。広島県生。東大文科卒。小山内玄洋長男。大正13年築地小劇場創設。昭和3年(1928)歿、47才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

おさない‐かおる〔をサナイかをる〕【小山内薫】
[1881~1928]劇作家・演出家・小説家。広島の生まれ。雑誌「新思潮」を創刊。2世市川左団次自由劇場を、土方与志(ひじかたよし)築地小劇場を創立、新劇確立尽力戯曲息子」、小説「大川端」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小山内薫 おさない-かおる
1881-1928 明治-昭和時代前期の劇作家,演出家。
明治14年7月26日生まれ。小山内玄洋の長男。「新思潮」(第1次)を創刊してヨーロッパの演劇運動や新文芸の紹介につとめる。明治42年2代市川左団次らと自由劇場を結成。イプセン,ゴーリキーらの戯曲を試演して近代演劇の基礎をきずいた。大正13年土方与志らと築地(つきじ)小劇場を創設。昭和3年12月25日死去。48歳。広島県出身。東京帝大卒。小説に「大川端」,戯曲に「国性爺(こくせんや)合戦」など。
格言など】本を読む事は,大勢の人の思想に接する事です(「第一の世界」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おさないかおる【小山内薫】
1881‐1928(明治14‐昭和3)
劇作家,演出家,小説家。青年時代劇評を書くとき撫子なでしこ)と称した。広島市で生まれた。1885年に上京,東京帝国大学英文科に学び,川田順同人雑誌《七人》を作り,その特別号として詩集小野のわかれ》を世に問うた。森鷗外とその弟三木竹二に認められ,雑誌《歌舞伎》に執筆する一方,真砂座を本拠にしていた新派俳優伊井蓉峰一座の文芸部員となり,演出の技術を学んだ。当時の生活は小説《大川端》に書かれているが,青年の日の小山内の多感な姿が示されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おさないかおる【小山内薫】
1881~1928 劇作家・演出家・小説家。広島生まれ。東大卒。歌舞伎・新派劇にかわる近代的演劇を志し、1909年(明治42)二世市川左団次と自由劇場を創立、西欧近代劇の上演を行う。24年(大正13)土方与志と築地小劇場を設立、日本の新劇の基礎を築いた。戯曲「息子」、小説「大川端」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小山内薫
おさないかおる
[生]1881.7.26. 広島
[没]1928.12.25. 東京
演出家,劇作家,演劇評論家,小説家。東京大学英文科卒業。森鴎外主宰の雑誌『万年草』に翻訳を載せたのが縁となって鴎外の知遇を得,1904年伊井蓉峰一座で翻案劇の上演を手伝うなど,しばらく新派に関係。 09年2世市川左団次自由劇場を興して,日本にイプセンをはじめヨーロッパの近代戯曲を移入,紹介。 12年に渡欧し,ロシアの演出家スタニスラフスキーの影響を受ける。また,翻訳劇に疑問を感じて 15年歌舞伎研究の古劇研究会を結成,18年には市村座に入ったが 20年に退座。 24年土方与志らと築地小劇場を興して現在の新劇の基礎を築いた。また晩年はその枠を越える国劇の創造を目指した。その間,1907年に第1次『新思潮』,17年に演劇雑誌『劇と評論』を発刊。自然主義全盛時代に才気ある斬新な小説で異色を放ち,戯曲でも『息子』その他の作品がある。ほかに,無声映画,トーキー,ラジオドラマなどの新分野も開拓した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小山内薫
おさないかおる
(1881―1928)
演出家、劇作家、小説家。明治14年7月26日広島県に生まれる。4歳のとき陸軍軍医であった父が死亡し、一家とともに東京に移る。1906年(明治39)東京帝国大学英文科卒業。在学中から伊井蓉峰(ようほう)一座に出入りし、森鴎外(おうがい)の知遇を得て劇評や翻訳を手がけ、1907年には雑誌『新思潮』(第一次)を発刊して、劇文壇に新風を吹き込んだ。1909年、遊学から帰朝した2世市川左団次と組んで自由劇場を結成、その第1回公演としてイプセンの『ジョン・ガブリエル・ボルクマン』を取り上げ、ヨーロッパ近代劇の導入による新劇運動の火ぶたを切った。1912~1913年(大正1~2)外遊。帰国後は市村座の幕内顧問となって商業劇場の改革にあたり、自由劇場解散後の1920年には松竹キネマの研究所顧問に迎えられ、映画『路上の霊魂』製作の総指揮にあたった。村田実、牛原虚彦(きよひこ)、伊藤大輔(だいすけ)らは松竹時代の弟子である。関東大震災により一時大阪に移ったが、1924年土方与志(ひじかたよし)の懇望を受けて東京に戻り、同志とともに築地(つきじ)小劇場を設立した。築地小劇場は、ヨーロッパ近代戯曲の本格的移植を当面の目的とし、演出の確立、近代俳優の養成、指導理念の提唱など、その後の日本演劇の進展に計り知れぬ影響を与えたが、彼はその最大の指導者であった。1927年(昭和2)ロシア革命10周年記念祭に招かれて参加したが、翌年(昭和3)12月25日のクリスマスの夜、築地小劇場上演慰労会の席上、心臓発作のため死去した。「新劇の父」とよばれる。著書として、『演出者の手記』『演劇論叢(ろんそう)』などの評論のほか、戯曲に『第一の世界』(1921)、『息子』(1922)、『西山物語』(1924)、『森有礼(ありのり)』(1926)、小説に『大川端』(1912)などがある。なお、放送劇の開拓者としても知られ、1925年にはわが国初の本格的ラジオドラマ『炭坑の中』(リチャード・ヒューズ原作)の翻訳・指揮にあたっている。洋画家岡田三郎助の夫人で劇作家の岡田八千代は実妹、画家藤田嗣治(つぐじ)は従兄弟(いとこ)(母親同士が姉妹)にあたる。[大島 勉]
『『小山内薫全集』全8巻(1975・臨川書店) ▽『小山内薫演劇論全集』全5巻(1964~1968・未来社) ▽久保栄著『小山内薫』(角川新書) ▽水品春樹著『小山内薫』(1961・時事通信社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おさない‐かおる【小山内薫】
演出家、劇作家、小説家。広島生まれ。東京帝国大学卒。新劇運動の先駆者。明治四二年(一九〇九)、二世市川左団次と自由劇場を組織。大正一三年(一九二四)には土方(ひじかた)与志と築地小劇場を設立。日本の近代演劇の基礎を築いた。戯曲「息子」、小説「大川端」などがある。明治一四~昭和三年(一八八一‐一九二八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

小山内薫
おさないかおる
1881〜1928
明治・大正時代の演出家・劇作家
広島県の生まれ。東大卒業後,1909年2代目市川左団次と自由劇場を創立,イプセンの作品を上演した。渡欧後ロシア演劇をとり入れ『桜の園』『どん底』などを演出するなど,新劇運動の中心となる。'24年土方与志 (ひじかたよし) と築地小劇場を創設した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小山内薫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小山内薫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation