@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小山正太郎【こやましょうたろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小山正太郎
こやましょうたろう
[生]安政4(1857).1.21. 越後長岡
[没]1916.1.7. 東京
洋画家。長岡藩医小山良運の子。明治4 (1871) 年上京して川上冬崖の聴香読画館に入り,次いで工部美術学校に入学しアントニオ・フォンタネージ師事。 1878年同校を退学し浅井忠らと十一字会を組織,1887年不同舎を開いて後進を指導した。 1889年には浅井忠らと明治美術会を創設して洋画壇の基礎を築いた。 1900年渡仏。東京高等師範学校教授,文展審査員を務めた。主要作品『牧童』 (1879) ,『川上冬崖』 (1881) ,『仙台の桜』 (1881,新潟県立近代美術館) ,『水辺の春』 (1891) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こやま‐しょうたろう〔‐シヤウタラウ〕【小山正太郎】
[1857~1916]洋画家。新潟の生まれ。川上冬崖(かわかみとうがい)フォンタネージに師事。明治美術会の結成に参加。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小山正太郎 こやま-しょうたろう
1857-1916 明治-大正時代の洋画家。
安政4年1月21日生まれ。安政4年1月21日生まれ。小山吉郎・秋作の兄。川上冬崖(とうがい),フォンタネージにまなぶ。明治20年画塾不同舎をひらき,22年浅井忠らと明治美術会を結成。青木繁,坂本繁二郎らの弟子をそだてる。東京高師教授もつとめた。大正5年1月7日死去。60歳。越後(えちご)(新潟県)出身。代表作に「川上冬崖像」「仙台の桜」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こやましょうたろう【小山正太郎】
1857‐1916(安政4‐大正5)
洋画家。越後長岡に生まれる。1872年(明治5)川上冬崖の聴香読画館に入門。士官学校図画教授掛を経て,工部美術学校開設とともに入学。同校助手となるが,師フォンタネージの後任教師に不満をもち,同志退校して十一字会を組織。明治中期の国粋保存,洋画排撃に対して,私塾不同舎を中心に洋画啓蒙の立場を貫く。松岡寿,浅井忠らと明治美術会を組織。東京師範学校で教鞭をとり,教科書編集など美術教育者として活躍する。内国勧業博や文展の審査にあたり,美術行政の上にも大きな足跡をのこしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こやましょうたろう【小山正太郎】
1857~1916 洋画家。新潟県生まれ。川上冬崖・フォンタネージに師事。画塾不同舎を設立。明治美術会の創立に参加。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小山正太郎
こやましょうたろう
(1857―1916)
洋画家。越後(えちご)国長岡に藩医の子として生まれる。1871年(明治4)上京し、翌年川上冬崖(とうがい)の聴香読画館に入り西洋画法を学ぶ。兵学寮に出仕し、また陸軍士官学校図画教授掛となるが、76年創設の工部美術学校に入学し、助手となる。78年フォンタネージの辞任後に退学し、浅井忠(ちゅう)らと十一会を結成。文部省図画取調委員となる。87年洋画塾不同舎を開いて後進を指導するほか、89年浅井、松岡壽(ひさし)らと明治美術会を結成し、評議員として尽くす。日清(にっしん)・日露の戦役に従軍。1907年(明治40)東京高等師範学校の図画科主任教授となり、美術教育家として大いに貢献したほか、文展審査員なども務めた。代表作に『川上冬崖像』『仙台の桜』『牧童』など。[小倉忠夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こやま‐しょうたろう【小山正太郎】
洋画家。越後長岡出身。川上冬崖の聴香読画館に入り、のち工部美術学校に学ぶ。明治美術会を結成して、国粋派に対抗。東京高等師範学校教授となり、美術教育に寄与した。文展審査員。作品に「川上冬崖像」「仙台の桜」など。安政四~大正五年(一八五七‐一九一六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

小山正太郎
こやましょうたろう
1857〜1916
明治・大正時代の洋画家・美術教育家
越後(新潟県)の生まれ。川上冬崖に学び,のち工部美術学校でフォンタネージに師事。1889年浅井忠らと最初の洋風美術団体である明治美術会を結成,のち東京高等師範学校教授となり洋画教育につとめた。門下に青木繁らがいる。代表作に『川上冬崖像』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小山正太郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小山正太郎の関連情報

関連キーワード

インドの大反乱ケクレインド大反乱歌沢大和大掾インド大反乱シュラーギントワイト[兄弟]ビゼーミレーワーグナーガーディナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation