@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小川琢治【おがわたくじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小川琢治
おがわたくじ
[生]明治3(1870).5.28. 和歌山
[没]1941.11.15. 京都
地質学者,地理学者。東京大学地質学科卒業 (1896) 後,地質調査所技師 (97) を経て京都大学文科大学教授 (1908) 。その後,同大学理学部地質学科初代主任教授 (21~30) 。帝国学士院会員 (26) 。初めはおもに西南日本外帯の地質学的研究を行い,日本列島の地質構造に関する研究に貢献。その後,地理学に関する研究も多く,地球学団を結成し『地球』を創刊 (24) 。山崎直方と並んで日本の近代地理学界の二大巨星。『日本群島地質構造論』 (1899,地質雑誌所収) をはじめ氷河地形人文地理学論文も多い。主著に『地質現象の新解釈』 (1929) ,『一地理学者生涯』 (41,遺稿) などがある。物理学者湯川秀樹,東洋史学者貝塚茂樹らの

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おがわ‐たくじ〔をがはタクヂ〕【小川琢治】
[1870~1941]地質学者・地理学者。和歌山の生まれ。日本列島構造に関する研究に寄与。京大教授。小川芳樹貝塚茂樹湯川秀樹小川環樹の父。「地質現象の新解釈」「人文地理学研究」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小川琢治 おがわ-たくじ
1870-1941 明治-昭和時代前期の地質・地理学者。
明治3年5月28日生まれ。小川芳樹,貝塚茂樹,湯川秀樹,小川環樹の父。地質調査所技師となり,日本各地を調査して地質図を作成した。明治41年京都帝大教授。人文地理・自然地理・地球物理学などの境界領域をも包括する広義の地学体系を提起した。学士院会員。昭和16年11月15日死去。72歳。紀伊(きい)田辺(和歌山県)出身。帝国大学卒。旧姓浅井。著作に「人文地理学研究」「日本群島」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おがわたくじ【小川琢治】
1870‐1941(明治3‐昭和16)
地質・地理学者。和歌山県田辺の藩儒浅井家に生まれる。家学を継ぐべく東京に遊学したが,理科に興味を抱き,1891年の濃尾地震を見て地質学を志す。96年東京大学理科大学卒。地質調査所を経て1908年京都大学の地理学講座の初代教授。21年理学部地質学教授にかわり,30年退官。《山海経(せんがいきよう)》などの中国古典を使い,中国歴史地理学の開拓者ともなった。著作は《支那歴史地理研究》ほか。貝塚茂樹,湯川秀樹らの父。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

小川琢治
おがわたくじ
(1870―1941)

地質学者、地理学者。和歌山県田辺(たなべ)の儒家に生まれる。1896年(明治29)東京帝国大学理科大学地質学科卒業後、地質調査所に入り、高知、木本、鳥羽(とば)、珠洲(すず)岬、輪島(わじま)の20万分の1地質図を作製。また1902年(明治35)には中国に赴き、華北をはじめ各地を巡察。1908年京都帝国大学文科大学教授に就任、地理学講座を担当した。1921年(大正10)同大学理学部地質鉱物学科の主任教授となる。また地球学団を組織し、機関誌『地球』を刊行。1930年(昭和5)退官後は帝国学士院会員となる。論文、著作は多いが、深発地震説を唱えた『地質現象の新解釈』、中国の歴史地理を論じた『支那歴史地理研究(しなれきしちりけんきゅう)』をはじめ、『日本地図帖』などがある。長男の小川芳樹(よしき)(1902―1959)、二男の貝塚茂樹(しげき)、三男の湯川秀樹(ひでき)、四男の小川環樹(たまき)(1910―1993)は、それぞれ冶金(やきん)学、東洋史学、物理学、中国文学の学者として著名である。

[織田武雄]

『小川琢治著『一地理学者の生涯』(1941・弘文堂書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おがわ‐たくじ【小川琢治】
地質・地理学者。理学博士。湯川秀樹の父。紀伊(和歌山県)の人。京都帝大教授。帝国学士院会員。著「地質現象の新解釈」「支那歴史地理研究」「人文地理学研究」など。明治三~昭和一六年(一八七〇‐一九四一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

小川琢治
おがわたくじ
1870〜1941
明治〜昭和期の地質・地理学者
和歌山県の生まれ。京大教授。20年余にわたって地質学・地理学を講じ,中国の歴史地理学も開発した。小川芳樹・湯川秀樹・貝塚茂樹・小川環樹の学者一家の父。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小川琢治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小川琢治の関連情報

関連キーワード

フランス史(年表)普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史普仏戦争ナポレオンコッペリアシュトラウス文化闘争

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation