@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小川破笠【おがわ はりつ(はりゅう)】

美術人名辞典

小川破笠
江戸中期浮世絵師漆芸家・俳人伊勢生。名は観、字は尚行、通称は平助、別号に宗宇・笠翁・卯観子・夢中庵等。江戸に出て福田露言松尾芭蕉らに俳諧を、英一蝶に絵を学ぶ。また蒔絵を能くし、のちに「破笠細工」と称された。延享4年(1747)歿、85才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

おがわ‐はりつ〔をがは‐〕【小川破笠】
[1663~1747]江戸中期の蒔絵師(まきえし)。伊勢の人。江戸に移り、俳諧や土佐派絵画もよくした。蒔絵に陶片・牙角(がかく)・堆朱(ついしゅ)などをはめ込む破笠細工創始。作品に「木菟(みみずく)図料紙硯箱」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小川破笠 おがわ-はりつ
1663-1747 江戸時代前期-中期の俳人,蒔絵(まきえ)師。
寛文3年生まれ。江戸で俳諧(はいかい)を福田露言,松尾芭蕉(ばしょう)にまなぶ。画は英一蝶(はなぶさ-いっちょう)の門下とも。漆芸にひいで,漆器に貝,鉛,牙角(げかく),堆朱(ついしゅ),陶片などを嵌入(かんにゅう)した破笠細工とよばれる独特の蒔絵をつくった。延享4年6月3日死去。85歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。名は観。字(あざな)は尚行。通称は平助。別号に宗宇(羽),笠翁,卯観子,夢中庵。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おがわはりつ【小川破笠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小川破笠
おがわはりつ
[生]寛文3(1663).伊勢
[没]延享4(1747).江戸
江戸時代中期の漆芸家。名は観,字は尚行,通称平助。笠翁,卯観子,夢中庵などの号もある。江戸に出て芭蕉の門に入り俳諧をよくし,絵,漆芸など諸芸を学ぶ。其角,嵐雪,英一蝶 (はなぶさいっちょう) とも親交があった。漆芸家としては本阿弥光悦技法を研究し,さらに新味を出した。漆器面に鉛,貝のほか陶片,牙角,堆朱 (ついしゅ) などをはめこみ,中国風の文様を施した。これを「破笠細工」と呼ぶ。弟子に望月半山がおり,2世破笠を称した。代表作『柏木兎図料紙箱』など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小川破笠
おがわはりつ
(1663―1747)

江戸中期の漆芸(しつげい)家、絵師、俳諧師(はいかいし)。俗称平助、名を観、字(あざな)を尚行、宗羽、号を破笠、笠翁(りつおう)、卯観子(うかんし)、居を夢中菴(あん)と称した。伊勢(いせ)(三重県)の人。のち江戸に出て俳諧を福田露言、芭蕉(ばしょう)に学ぶ。また、絵を英一蝶(はなぶさいっちょう)に学んだとする説と、土佐画を描いたとする説があるが、彼の作品は細巧な描写の人物画が多い。とくに漆芸に優れて名を高め、独得な加飾手法で知られている。漆器に鉛、貝、陶片、牙角(がかく)、堆朱(ついしゅ)などを嵌装(かんそう)し、蒔絵(まきえ)とともに加飾した技法に特色がみられ、世に破笠細工と称し、その類似が広がった。作品に中国趣味あふれる図様を取材しているが、中国の墨を模したりしているのもその好例である。50歳過ぎに、津軽藩の産業を振興した5代藩主信寿(のぶひさ)に召し出され、優遇されて晩年を過ごした。代表作に旧津軽家の『柏木菟(かしわみみずく)図料紙硯箱(すずりばこ)』、『古墨(こぼく)蒔絵硯箱』(東京国立博物館蔵)がある。子孫は絶え、漆芸の後継者として望月(もちづき)半山が2世破笠を称した。

[郷家忠臣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おがわ‐はりつ【小川破笠】
江戸中期の漆芸家。俳名宗宇。笠翁ともいう。伊勢の人。光悦風の和風蒔絵(まきえ)に中国趣味を加え、鉛・貝・陶片などを嵌入した漆器は、破笠細工として知られる。芭蕉に俳諧を学び、土佐画にもすぐれた。寛文三~延享四年(一六六三‐一七四七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小川破笠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小川破笠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation