@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小川芋銭【おがわ うせん】

美術人名辞典

小川芋銭
日本画家。東京生。名は茂吉、別号に牛里・草汁庵・芋銭子・芋滄子等。洋画本多錦吉郎に学び、新聞・雑誌に挿絵・漫画を描くが、平福百穂・川端龍子らの珊瑚会に招かれたのを転機に日本画を製作。のち認められて日本美術院同人となる。作品は水墨淡彩で俳味のある自の画風を持つ。昭和13年(1938)歿、71才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

おがわ‐うせん〔をがは‐〕【小川芋銭】
[1868~1938]日本画家。東京の生まれ。本名、茂吉。本多錦吉郎に洋画を学び、独学で日本画を学ぶ。初め新聞などに風刺的な漫画を描いたが、のち茨城牛久沼のほとりに住み、湖沼風物河童をテーマに飄逸(ひょういつ)素朴な文人画を描いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小川芋銭 おがわ-うせん
1868-1938 明治-昭和時代前期の日本画家。
慶応4年2月18日生まれ。本多錦吉郎に洋画をまなび,独学で日本画も習得。「朝野新聞」などに挿絵や漫画をかく。茨城県牛久に移り住み,院展を中心に活動。河童(かっぱ)の絵で知られる。日本美術院同人。昭和13年12月17日死去。71歳。幼名は不動太郎。本名は茂吉。別号に牛里,草汁庵。代表作に「森羅万象」「夕凪」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おがわうせん【小川芋銭】
1868‐1938(明治1‐昭和13)
日本画家。東京赤坂の牛久藩邸に生まれたが,牛久村(茨城県稲敷郡)に帰農。幼名不動太郎のち茂吉。別号牛里,草汁庵,芋銭子など。1880年ころ上京,働きながら,本多錦吉郎の画塾彰技堂で洋画を学び,のち日本画を独修した。91年,《朝野新聞》に第1回帝国議会のスケッチが掲載され,93年牛久に帰り農業に従事しながら,《茨城日報》や《いはらき》など,郷里ジャーナリズム田園風刺漫画を掲載しはじめる。1903年ころ幸徳秋水を知り,《平民新聞》に風刺漫画を発表。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小川芋銭
おがわうせん
[生]慶応4(1868).2.18. 江戸
[没]1938.12.17. 茨城,牛久
日本画家。牛久藩山口家の重臣小川賢勝の長男。名は不動太郎のち茂吉。号は牛里,草汁庵,芋銭,きょ滄子。廃藩置県で江戸から茨城県牛久村に移住。 1880年頃本多錦吉郎に師事。 88年『朝野新聞』にスケッチ漫画を連載し,芋銭の号を使用。 96年以降は主として牛久に住み,農事のかたわら画業に励んだ。また『茨城日報』『平民新聞』,雑誌『文芸界』などに,農民を主題とした風刺的な漫画や挿絵を寄稿。 1915年平福百穂,川端龍子らと珊瑚会を結成。 17年横山大観に認められ日本美術院同人となり,漫画から俳画,文人画へと画境を広げつつ,幻想とユーモアにあふれた特異な画風を築き,特に河童絵の名人として有名。主要作品『樹下石人談』 (1919) ,『若葉に蒸さるる木精』 (21) ,『水魅戯』 (23,茨城県立近代美術館) ,『夕凪』 (24) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おがわ‐うせん【小川芋銭】
日本画家。名は茂吉。東京の生まれ。スケッチ漫画を新聞に発表。河童(かっぱ)の絵で知られ、書、随筆、俳句をもよくした。明治元~昭和一三年(一八六八‐一九三八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

小川芋銭
おがわうせん
1868〜1938
明治〜昭和期の日本画家
東京の生まれ。初め洋画を学び,漫画を新聞・雑誌に発表して好評を得,日本美術院同人となってから新しい南画を目ざして気品高い作品を生んだ。田園の風物や河童の絵を得意とし,近代美術界の異彩とされた。代表作に『水魅戯 (すいみぎ) 』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小川芋銭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小川芋銭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation