@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小幅【こはば】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小幅
こはば
幅の狭い織物のこと。小織物ので,広幅対語。織物の両耳間の幅が約 36cm (鯨尺で9寸5分) のもの,つまり和服地の並幅をさしていう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐はば【小幅】
[名・形動]
普通より幅の狭いこと。また、そのさま。⇔大幅
織物の幅の規格で、鯨尺9寸5分(約36センチ)幅のもの。日本の反物の一般的な幅。並幅。→大幅中幅
数量・価格などの変動の開きが小さいこと。また、そのさま。「相場が小幅な動きを見せる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こはば【小幅】
名 ・形動 [文] ナリ 
普通より幅の狭い・こと(さま)。
差や開きが小さい・こと(さま)。 -な値動き
織物の幅で、鯨尺九寸五分(約36センチメートル)のもの。和服用反物の幅。並幅なみはば。 → 大幅中幅

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょうふく【小幅】
は書画の掛け軸
小さな掛け軸。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐はば【小幅】
〘名〙
① 幅が狭いこと。
※南方録(17C後)滅後「床に外題あるかけ物を、かけずに先かざりをくことあり。外題かざりと云。小幅のものは床の入にかざり」
② 織物の幅の規格を示す語。鯨尺で九寸五分(約三六センチメートル)の幅のもの。大幅の半分。並幅(なみはば)
③ 取引相場で、相場の値動きの差が少ないこと。〔取引所用語字彙(1917)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐ふく セウ‥【小幅】
〘名〙 (「幅」は書画の掛け軸) 小さい掛け軸。また、細い掛け軸。
※随筆・山中人饒舌(1813)下「善山水蘭竹窠石小幅。間雅清穏。撫法近世

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小幅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小幅の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation