@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小早川秀秋【こばやかわ ひであき】

美術人名辞典

小早川秀秋
安土・桃山時代の武将。幼名は辰之助、通称金吾中納言豊臣秀吉正室高台院木下家定の子。秀吉養子となり、羽柴秀俊と名のる。後、小早川隆景の養子となり秀秋と改名丹波を領したが関白秀次の罪に坐してこれを失う。慶長の役では総大将として渡海。関ヶ原の戦いには、西軍から東軍に転じ徳川軍勝利をなし、備後備中美作の五十万石を与えられた。慶長7年(1602)歿、21才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

こばやかわ‐ひであき〔こばやかは‐〕【小早川秀秋】
[1582~1602]安土桃山時代の武将。豊臣秀吉の正室高台院の兄木下家定の子。幼名、辰之助。通称金吾。秀吉の養子となり、のち、小早川隆景養嗣子慶長の役に総大将として参戦。秀吉の死後関ヶ原の戦いで東軍に寝返り、によって備前・備中・美作に50万石を領した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小早川秀秋 こばやかわ-ひであき
1582-1602 織豊-江戸時代前期の武将。
天正(てんしょう)10年生まれ。木下家定の子。高台院の(おい)。豊臣秀吉の養子から,秀吉の実子秀頼(ひでより)の出生後に小早川隆景(たかかげ)の養子となる。関ケ原の戦いで西軍に属したが,途中ねがえって東軍勝利の一因をつくり,備前,美作(みまさか)51万石をあたえられた。慶長7年10月18日死去。21歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。幼名は辰之助。前名は羽柴秀俊。通称は金吾中納言。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こばやかわひであき【小早川秀秋】
1582‐1602(天正10‐慶長7)
安土桃山時代の武将。豊臣秀吉の正室高台院の兄木下家定の五男。幼少より秀吉の養子となり秀俊と名のる。1593年(文禄2)小早川隆景の養子となり,やがて筑前・筑後を領す。慶長の役には予備隊の大将として出陣するが,その際の行動が軽挙だとして秀吉の怒りをかい98年(慶長3)越前へ移封される。しかし翌年再び筑前・筑後の領国を与えられた。1600年の関ヶ原の戦では,秀秋の寝返りによって徳川方勝利の因をつくり,宇喜多秀家の旧領備前・美作50万石を領して岡山に居す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小早川秀秋
こばやかわひであき
[生]天正10(1582)
[没]慶長7(1602).10.18. 岡山
安土桃山時代の武将。豊臣秀吉の正室高台院の兄木下家定の5男で,幼名は辰之助。初め秀吉の養子となり,羽柴秀俊と名のって丹波亀山で 10万石を領したが,文禄2 (1593) 年秀頼誕生後,小早川隆景の養子となり秀詮と改名した。隆景の隠居後小早川家を継ぎ,秀秋と名のって筑前,筑後,肥前に 33万石を領し,筑前名島城主となった。次いで慶長2 (97) 年の慶長の役 (→文禄・慶長の役 ) には総大将として渡鮮したが,軽率なふるまいがあったとして召還され,帰国後越前北庄 12万石に減封された。秀吉の死後,復領して 52万石を領し,関ヶ原の戦いには,初め西軍に加わったが,東軍に内通し,その功で備前,備中,美作で宇喜多秀家の旧領 50万石を与えられた。子なく,死後小早川家は断絶。 (→小早川氏 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小早川秀秋
こばやかわひであき
(1582―1602)

安土(あづち)桃山時代の武将。幼名辰之助(たつのすけ)。通称金吾(きんご)。左衛門佐(さえもんのすけ)、権中納言(ごんちゅうなごん)。豊臣(とよとみ)秀吉の正室高台院の兄木下家定の三男として生まれる。秀吉の猶子(ゆうし)となり、丹波亀山(たんばかめやま)10万石を領し、羽柴秀俊(はしばひでとし)と名のる。1594年(文禄3)小早川隆景(たかかげ)の養子に入る。同年11月中国に下向して三原城(広島県三原市)に入り、毛利輝元(もうりてるもと)の従妹(いとこ)を妻とした。翌年家督を嗣(つ)ぎ、隆景から筑前(ちくぜん)1国、筑後(ちくご)の大部分、肥前(ひぜん)2郡33万6000石を譲り受け、隆景は三原に隠居、かわって秀秋は筑前名嶋(なじま)城に移った。97年(慶長2)朝鮮に出陣。釜山浦(ふざんほ)城の守将となり、また蔚山(うるさん)城の救助に活躍し、帰国。その後秀吉の怒りに触れ越前(えちぜん)北庄(きたのしょう)に移封されようとしたが、徳川家康のとりなしで筑前にとどまる。99年秀吉の遺命で復領し、筑前・筑後52万2500石を得る。翌年関ヶ原の戦いで西軍として伊勢(いせ)口を守り、伏見(ふしみ)城を攻めたが、9月の関ヶ原決戦時には東軍に応じた。戦功により家康から備前(びぜん)、美作(みまさか)において50万石を与えられ、岡山城に移り住んだが、慶長(けいちょう)7年21歳の若さで死去した。秀秋には嗣子(しし)がなく、備前・美作は収公され、小早川本宗家は断絶した。

[田端泰子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こばやかわ‐ひであき【小早川秀秋】
安土桃山時代の武将。豊臣秀吉の妻高台院の兄の木下家定の五男。幼名辰之助。はじめ秀吉の養子で羽柴秀俊と称し、のち、小早川隆景の養子となる。慶長の役に総大将として出陣。関ケ原の戦いでは石田方に属したが、徳川方と通じ、東軍勝利の要因をつくった。金吾中納言。天正一〇~慶長七年(一五八二‐一六〇二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

小早川秀秋
こばやかわひであき
1582〜1602
安土桃山時代の武将
豊臣秀吉の正室北政所の兄の子。通称金吾中納言。隆景の養子となった。慶長の役に総大将となり蔚山 (うるさん) に奮戦。関ケ原の戦いには初め西軍に属したが東軍に内応,東軍を勝利にみちびいた。功によって岡山50万石を与えられたが,嗣子がなく所領を没収された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小早川秀秋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小早川秀秋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation