@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小早【こはや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小早
こはや
江戸時代の船舶の一つ。櫓 (やぐら) はなく艪 (ろ) 40丁以下の船で,速力があるところから小早と呼ばれた。摂津伝法村の廻船業者が,酒を大坂から江戸に運ぶのに用いたが,船足の早いところから物見船飛脚船としても用いられた。 (→廻船 , 樽廻船 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐ばや【小早】
[名]小早船」の略。
[形動][文][ナリ]時間的に少し早めであるさま。また、少し急ぐさま。「小早に出かける」「小早な足どりで歩く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こばや【小早】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こばや【小早】
小早船に同じ。
形動 [文] ナリ 
すこし早いさま。こいそぎ。 -に歩いていく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐ばや【小早】
[1] 〘形動〙 少し急ぐさま。小いそぎ。また、時間的に早いこと。早めであるさま。
※千鳥(1906)〈鈴木三重吉〉「小早に日の当る方へと泳いで行く」
[2] 〘名〙 (「こばやぶね(小早船)」の略)
① 中世末期以後の水軍で用いられた軍船の一種。早船(関船)の小型のもの。江戸時代、艪(ろ)四〇挺立て以下のものをいうが、初期には三四挺立て以下とされていた。関船に比べ、艪数の割に船体が大きく、矢倉を設けず、半垣造り程度の軽装で、軽快に行動する。幕府や諸大名が多く所有していた。小関。
※元寛日記(1615‐43)「次に小早二双相双、御小姓組・御書院番乗之」
② 江戸時代の海運で、早廻りの廻船を早船といい、その小型のものをいう。通常三〇〇石積以下の荷船で、特定の船型をいうものではなく、渡海船のような五〇石積級から五〇〇石積級のものも含まれる。
※俳諧・崑山集(1651)六「空の海のこはやか夏の月のふね」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ‐ばや・い【小早】
〘形口〙 こばや・し 〘形ク〙 (「こ」は接頭語) 急ぎぎみである。あわただしい。また、時間的に少し早い。はやめである。
※応永本論語抄(1420)郷党第十「趨とは走には非ず。足を張てこはやく歩を云」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小早」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小早の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation