@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小松【こまつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小松
こまつ
愛媛県東部,西条市中央部の旧町域。道前平野の南西部から石鎚山脈の北斜面に位置し,南に四国最高峰の石鎚山 (1982m) を望む。 1898年町制。 1955年石根村,石鎚村の2村と合体。 2004年西条市,東予市,丹原町と合体して西条市となった。中心集落の新屋敷は江戸時代に一柳氏1万石の城下町として発展したところで,現在も藩校跡や武家屋敷跡が残る。古来愛宕柿産地として有名であるが,1960年頃からはミカンの栽培も発達四国八十八ヵ所第 60番札所の横峰寺,第 61番札所の香園寺,第 62番札所の宝寿寺があり,香園寺は子安観音として有名。法安寺跡は飛鳥時代のもので国の史跡南部石鎚国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小松
こまつ
山形県南部,米沢盆地西部犬川の谷口に位置する川西町の中心集落。近接地域に古墳,中世期以来の館堀をめぐらした農家がある。銘酒の産地で,旧城址のダリア園を訪れる観光客が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小松
こまつ
山口県南東部,大島の北西端にある旧町域。 1952年屋代村と合体して大島町となり,2004年には全島周防大島町となる。島の門戸をなす小松港があり,かつては島内バス交通の起点であった。大島商船高等専門学校がある。湾岸近世からの塩田があったが現在はクルマエビ養殖池に利用。北部本土柳井市と結ぶ大島大橋が完成し,の機能に取って代わった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐まつ【小松】
小さい。若い松。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こまつ【小松】[地名]
石川県南部の市。機械工業が盛ん。また、絹織物九谷焼の産地。観光地として安宅(あたか)の関跡・粟津温泉などがある。人口10.8万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こまつ【小松】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小松 しょうしょう
?-? 南北朝時代の医師。
文和(ぶんな)(1352-56)のころの人。後光厳(ごこうごん)天皇の病気を治療し,法印となる。通称は悲阿弥。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

こまつ【小松】
小さな松。若い松。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こまつ【小松】
石川県南部、金沢平野にある市。絹織物・九谷焼・畳表を特産し、機械工業も発達。安宅の関跡がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こまつ【小松】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐まつ【小松】
[1] 〘名〙
① 小さい松。また、松のことを親しんでいう。若松。
※常陸風土記(717‐724頃)香島・歌謡「いやぜるの安是(あぜ)の古麻都(コマツ)に木綿(ゆふ)(し)でて我を振り見ゆも安是子し舞はも」
※俳諧・春の日(1686)「舟々の小松に雪の残けり〈旦藁〉」
② 江戸時代、下級の遊女、端女郎(はしじょろう)の異称。
※浮世草子・好色床談義(1689)五「かへ名をけちとも、〈略〉端とも、小松とも」
[2] 石川県南西部の地名。天正四年(一五七六)一向一揆(いっこういっき)の首領若林長門の小松城築城にはじまり、江戸時代は前田利常の産業育成で発展。九谷焼、畳表の伝統的産業とともに絹織物、機械工業も発達。北陸本線が通じ、また、小松空港がある。安宅(あたか)関跡、粟津温泉などがある。昭和一五年(一九四〇)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こまつ【小松】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小松」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小松の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation