@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小栗風葉【おぐり ふうよう】

美術人名辞典

小栗風葉
小説家。愛知県生。本名は加藤磯夫。尾崎紅葉に師事し、紅葉門下四天王の一人となる。また田山花袋等と交わり、自然主義文学への関心を深め、さらに時代思潮を敏感に反映して様々な作風を展開した。大正15年(1926)歿、51才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

おぐり‐ふうよう〔をぐりフウエフ〕【小栗風葉】
[1875~1926]小説家。愛知の生まれ。本名、加藤磯夫。尾崎紅葉の門下。構成の巧みさと美文体を特色とするが、自然主義風の作品も発表。「亀甲鶴(きっこうづる)」「恋慕(れんぼ)流し」「青春」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小栗風葉 おぐり-ふうよう
1875-1926 明治-大正時代の小説家。
明治8年2月3日生まれ。30年上京して,尾崎紅葉の門にはいる。「亀甲鶴(きっこうづる)」でみとめられ,「恋慕ながし」が出世作。その後,「新小説」を舞台に活動した。大正15年1月15日死去。52歳。愛知県出身。本名は加藤磯夫。作品はほかに「恋ざめ」「青春」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おぐりふうよう【小栗風葉】
1875‐1926(明治8‐昭和1)
明治の小説家。愛知県生れ。本名加藤磯夫(元小栗姓)。家業の薬屋を継がず文学を志して上京,尾崎紅葉に入門してその指導を受け,1896年(明治29)21歳で《亀甲鶴》を発表し文壇に登場。以後,同門の先輩泉鏡花と並び,牛門(ぎゆうもん)の二秀才と称せられて,長編《恋慕ながし》ほかの力作を発表,流麗けんらんたる文章の技巧で読者を酔わせた。日露戦争後の1905‐06年,長編《青春》を《読売新聞》に連載,当代青年の哀歓を描いて文壇随一の人気を博した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おぐりふうよう【小栗風葉】
1875~1926) 小説家。愛知県生まれ。本名、磯夫。のち加藤と改姓。尾崎紅葉門の逸材として明治30年代に活躍したが、自然主義の擡頭たいとうに押されて文壇を離れた。代表作「亀甲鶴」「青春」「世間師」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小栗風葉
おぐりふうよう
[生]1875.2.3. 愛知,半田
[没]1926.1.15. 豊橋
小説家。本名,加藤磯夫。錦城中学校に学び,坪内逍遙,森田思軒の講義を聞いた。 1892年,尾崎紅葉の門に入り,『亀甲鶴』 (1896) が出世作となった。人物描写にすぐれ,時流の動向を鋭敏に反映する力作を次々に発表したが,自然主義文学の台頭に応じきれず,晩年は不遇であった。代表作『恋慕ながし』 (98,未完) ,『青春』,短編『世間師』 (1908) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小栗風葉
おぐりふうよう
(1875―1926)
小説家。愛知県生まれ。本名加藤磯夫(いそお)。小栗は旧姓。薬屋の長男で、早くから文学を志望して上京、尾崎紅葉(こうよう)に入門した。いわゆる紅葉門下の四天王の一人だが、もっとも紅葉の作風に近いといわれる。とくに絢爛(けんらん)たる美文は師匠ゆずりだった。1896年(明治29)酒造職人の悲劇を描いた『亀甲鶴(きっこうづる)』を発表、一躍新進作家として文壇に認められた。
 その後『恋慕ながし』(1898)などの力作で同門泉鏡花(きょうか)とともに作家的地位を確立、ことに長編『青春』(1905~06)は、明治30年代知識階級の青年の内面生活を描いて世評も高く、彫琢(ちょうたく)を極めた文体と相まって風葉の代表作といえる。のち、自然主義の作風に移り、『天才』(1907)、『恋ざめ』(1907~08)、『世間師(せけんし)』(1908)などの佳作を出したが、生活の放縦からまもなく愛知県に帰り、後年は通俗小説を執筆して文壇から引退した。尾崎紅葉の『金色夜叉(こんじきやしゃ)』の続編、『終編金色夜叉』(1909)も書いている。[岡 保生]
『『明治文学全集65 小栗風葉他集』(1968・筑摩書房) ▽岡保生著『評伝小栗風葉』(1971・桜楓社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おぐり‐ふうよう【小栗風葉】
小説家。本名磯夫。尾崎紅葉の門下。一時自然主義的傾向を持つ。代表作「亀甲鶴」「恋慕ながし」「青春」「世間師」など。明治八~大正一五年(一八七五‐一九二六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小栗風葉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小栗風葉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation