@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小河内ダム【おごうちダム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小河内ダム
おごうちダム
東京都北西端,多摩川上流奥多摩町にあるダム。東京都の上水道用貯水池計画に伴ってできた非溢流型直線重力式コンクリートダム (→重力ダム ) で,高さ 149m,基底幅 131m,堤頂長 353m,頂標高は約 530m,有効貯水量約1億 9000万m3。下流4ヵ所に7万 kWの発電所がある。 1938年着工,43年第2次世界大戦激化で一時中止されたが,48年工事再開,57年完成。水没移転戸数は合計 945世帯に達し,補償問題は大きかった。水没した旧小河内村は石川達三小説日蔭』のモデルとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おごうち‐ダム〔をがふち‐〕【小河内ダム】
東京都奥多摩町の多摩川上流にあるダム。東京への給電給水用として昭和32年(1957)に完成。奥多摩湖が貯水池。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

小河内(おごうち)ダム
東京都西多摩郡奥多摩町の多摩川水系多摩川に位置する上水道・発電用のダム。1957年竣工の非越流型直線重力式コンクリートダムで、総貯水量は189,100,000立方メートルと、水道用ダムの貯水量としては国内最大級。1938年に起工太平洋戦争を挟み19年にも及ぶ歳月をかけ建設された。ダム湖は奥多摩湖と呼ばれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おごうちダム【小河内ダム】
東京都西多摩郡奥多摩町の多摩川上流に東京都が建設した上水道を主とし,洪水調節,発電,灌漑に用いる多目的ダム。形式は重力ダムで,高さはこの形式で日本第4位の149m,堤頂長353m,堤体積167万m3,貯水池(奥多摩湖)の湛水(たんすい)面積は4.25km2,総貯水量1.9億m3,有効貯水量1.85億m3,下流の多摩川第1発電所の最大出力は1.9万kW。計画そのものは早くからあり,1926年に東京市議会の決議によって計画され,38年に着工した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おごうち‐ダム をがふち‥【小河内ダム】
(ダムはdam) 東京都奥多摩町、多摩川上流の重力式ダム。東京への給水、送電を目的とし、旧小河内村を水没させて昭和三二年(一九五七)完成。貯水池は奥多摩湖と呼ばれる。堤高一四九メートル。有効貯水量一億九千トン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小河内ダム
おごうちだむ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小河内ダム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小河内ダムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation