@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小浜【おばま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小浜
おばま
長崎県南東部,雲仙市南部の旧町域。島原半島西部,橘湾に面する。 1924年町制。 1955年北串山村と合体。 2005年国見町,瑞穂町,吾妻町,愛野町,千々石町,南串山町と合体して雲仙市となる。小浜温泉および雲仙温泉を中心に,雲仙岳西麓一帯を占める。温泉中心の観光の町であるが,農業ではジャガイモをおもに産する。カタクチイワシ煮干し特産品。多くが雲仙天草国立公園に含まれ,国指定特別名勝の雲仙岳,箱庭的な美しさの富津弁天公園,サクラの名所の杜鵑山公園のほか,地獄地帯シロドウダン群落,野岳イヌツゲ群落,普賢岳紅葉樹林,原生沼沼野植物群落,池の原ミヤマキリシマ群落 (いずれも国指定天然記念物) など,数多くの観光資源に恵まれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小浜
おばま
福島県北東部,二本松市中央部にある旧町域。 1955年近隣2村と合体して岩代町となり,2005年二本松市となった。かつては絹織物産地で,養蚕が盛んであったが,近年畜産葉タバコ栽培が盛ん。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おばま〔をばま〕【小浜】
福井県西部の市。もと酒井氏城下町小浜湾に面し、中世以来町として発展。漁業が盛ん。若狭(わかさ)塗の産地。遠敷(おにゅう)川の流域には奈良東大寺お水取りの水を送る神事で知られる(う)のがある。人口3.1万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小浜
おばま

長崎県南高来(みなみたかき)郡にあった旧町名(小浜町(ちょう))。現在は雲仙市(うんぜんし)の南部を占める。旧小浜町は1924年(大正13)町制施行。1955年(昭和30)北串山(きたくしやま)村と合併。2005年(平成17)国見(くにみ)、瑞穂(みずほ)、吾妻(あづま)、愛野(あいの)、千々石(ちぢわ)、南串山(みなみくしやま)の6町と合併、市制施行して雲仙市となった。旧町域は島原半島の中西部に位置し、橘(たちばな)湾(千々石湾)に臨む。国道57号、251号、389号が通じる。山と海の温泉郷で、山に雲仙温泉を有し、海岸に小浜温泉がある。地域の大半は雲仙天草国立公園(うんぜんあまくさこくりつこうえん)に含まれる観光の町で、観光施設が多い。海岸の突堤には噴泉塔があり、噴湯は高さ25メートルに達する。北部の富津(とみつ)は風光明媚(めいび)な漁港。南部の諏訪(すわ)池は水鳥の楽園といわれる保養地で、休暇村雲仙となっている。そのほか、雲仙岳を中心とする山岳美、渓谷美は有名。また、雲仙への登山路に沿う集落にはブドウ園やシイタケ栽培がみられる。

[石井泰義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

お‐ばま を‥【小浜】
[1] 〘名〙 (「お」は接頭語) 浜。
※書紀(720)神代上(水戸本訓)「初め大己貴神の、平国(くにま)けしときに、出雲国の五十狭狭(いをささ)の小汀(ヲハマ)に行到(ゆきま)して飲食(みをし)せむとす」
[2]
[一] 福井県西部、小浜湾に面する地名。古くから敦賀に次ぐ畿内の外港として栄えた。酒井氏一一万石の旧城下町。若狭塗の特産があり、遠敷(おにゅう)川の流域には奈良東大寺のお水取りの水を送る神事で知られる神宮寺がある。昭和二六年(一九五一)市制。
[二] 長崎県島原半島西部の地名。雲仙岳の西麓に位置し、雲仙温泉と小浜温泉がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

小浜
おばま
福井県西部,小浜湾にのぞむ都市。中世以来日本海の重要な港町
室町時代には北陸山陰地方物資の陸揚地となり,陸路琵琶湖岸に出て水路京都へ運ぶ港として発達した。江戸時代には京極氏・酒井氏の城下町として栄えたが,西廻り航路の発達につれて港は衰えた。1951年市制施行。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小浜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小浜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation