@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小火器【しょうかき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小火器
しょうかき
small arms
個人またはごく少数の兵員が携帯,戦闘できる銃砲。ただし,近代に入って,バズーカ砲をはじめとする砲も含む。個人が携帯できる火器がヨーロッパで初めて文献に現れるのは 1360年代であり,1450年頃火縄がついた撃針を動かす発条が開発され,火縄銃が生れた。 1515年頃車輪式引き金銃が登場し,火縄を不要としたが,構造が複雑なため高価になり,火縄銃に代るまでには普及しなかった。火縄銃に取って代ったのは燧発銃 (すいはつじゅう) である。火打石式発火装置は 16世紀初期より開発されていたが,1610~15年頃フランスの M.ブルジョアが燧発装置を発明した。 18世紀初めには,ヨーロッパ諸国の軍隊で,それぞれ小火器が統一され,制式化されるようになった。 1805年にスコットランドで撃発がついた雷管が発明され,弾丸のほかに装薬を入れたり,外部からの火花によって点火することを不要としたために銃砲を革新した。 1900年にはヨーロッパ諸国の軍隊は連発銃,カービン銃,半自動拳銃,リボルバー,機関銃から成る小火器を装備するようになった。 1890~1910年に小火器の火力は急増し,この結果,歴史を通じて長らく機動戦闘の主役であった騎兵は力を失い,第1次世界大戦では塹壕による膠着戦闘を招いたが,騎兵に代って戦車の出現を促した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐かき〔セウクワキ〕【小火器】
銃砲類のなかで、比較的火力の小さいもの。小銃軽機関銃など。軽火器

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょうかき【小火器】
小銃・軽機関銃など、比較的火力の小さい武器。軽火器。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐かき セウクヮキ【小火器】
〘名〙 大砲、火砲に対して、小銃、拳銃など口径の小さい火器をいう。〔犯人を追う科学(1965)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小火器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小火器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation