@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小田原提灯【オダワラヂョウチン】

デジタル大辞泉

おだわら‐ぢょうちん〔をだはらヂヤウチン〕【小田原灯】
円筒形で、不用のときは畳んで(たもと)または懐中に入れて携帯のできる提灯。天文年間(1532~1555)小田原の甚左衛門の創製という。(ふところ)提灯。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おだわらぢょうちん【小田原提灯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

小田原提灯
おだわらちょうちん

小型で円筒(えんとう)状の提灯。折り畳むと上下の枠が組み合わされ、袂(たもと)または懐中に入るので、懐(ふところ)提灯ともよばれ、江戸時代、主として旅行者が用いた。普通、携行するときには布袋(ぬのぶくろ)に入れ、口紐(くちひも)の端にろうそく入れの竹筒または根付(ねつけ)などを取り付け、腰に下げた。これを小田原提灯といったのは、小田原(神奈川県)の甚左衛門という人がつくりだしたからで、享保(きょうほう)(1716~36)のころには全国的に広く用いられるようになり、土産(みやげ)提灯として、小田原名産の一つとされた。

[宮本瑞夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おだわら‐ぢょうちん をだはらヂャウチン【小田原提灯】
〘名〙
① ぶらちょうちんの一種。折りたたみできる円筒状のもの。天文年間(一五三二‐五五)小田原の甚左衛門という者が創始したという。おだわら。
※譬喩尽(1786)二「小田原挑灯(ヲダハラデウチン)とは、飛脚挑灯の本名なり」
② 老人の陰茎の異称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小田原提灯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小田原提灯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation