@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小田原【オダワラ】

デジタル大辞泉

おだわら〔をだはら〕【小田原】
神奈川県南西部の市。戦国時代は北条氏、江戸時代は大久保氏の城下町。また、東海道の旧宿場町で、箱根東方出入り口にあたる要所。箱根観光の基地商工業が発達し、梅干しかまぼこ特産。人口19.8万(2010)。

小田原提灯(おだわらぢょうちん)」の
小田原評定」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

小田原

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おだわら をだはら【小田原】
[1] 神奈川県南西部の地名。古来、関東平野の要地。戦国時代には北条氏の本拠地となり、以来、城下町として栄えた。東海道の旧宿場町。現在は東海道新幹線、東海道本線、小田急小田原線などが通じる交通の要地で、商工業都市、住宅都市として発達。箱根の玄関口でもある。特産はかまぼこ。昭和一五年(一九四〇)市制。
[2] 〘名〙
※雑俳・柳多留‐五四(1811)「小田原を付て又消す長評議」
※雑俳・川柳評万句合‐明和四(1767)礼二「小田原を言い言いやかたさがる也」
③ (「おだわらぢょうちん」から) 老人の男陰をいう。
※雑俳・柳多留‐八〇(1824)「小田原へ四つ目の紋を妾(しょう)すすめ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

小田原
おだわら
神奈川県南西部,相模湾に面した都市。中世より城下町・宿場町として発展
鎌倉時代に土肥氏室町時代大森氏居城であったが,1495年北条早雲入城後大いに発展し,西の山口と並び称せられた。豊臣秀吉征討(1590)後,江戸時代には主として大久保氏の城下町となり,箱根を控えた要衝ならびに東海道の主要宿駅として知られた。現在は商工業および観光都市。1940年市制施行。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小田原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小田原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation