@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小田野直武【おだのなおたけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小田野直武
おだのなおたけ
[生]寛延2(1749).12.11. 秋田
[没]安永9(1780).5.17. 秋田
江戸時代中期の秋田蘭画画家秋田藩士。幼名は長治通称武助。字は子有。号は羽陽,麓蛙亭など。安永2 (1773) 年,秋田藩に招かれた平賀源内洋画技法を習う。同年 12月銅山方産物吟味役として江戸へ赴任。出府後は杉田玄白ら蘭学者とも交流し洋風画を学ぶ。同3年『解体新書』の挿絵を担当,同6年帰国。翌年秋田城へ移り,同年の藩主江戸参勤に随行。同8年突然謹慎の命を受け帰国。その間,佐竹曙山佐竹義躬に洋画技法を教え,秋田蘭画の先覚となる。謹慎中の同9 (80) 年突然吐血して夭折。主要作品『写生帖』,『蓮花図』 (神戸市立博物館) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おだの‐なおたけ〔をだのなほたけ〕【小田野直武】
[1750~1780]江戸中期の洋風画家。秋田藩士平賀源内に西洋画法を学び、のち江戸で活躍。「解体新書」の挿絵を描いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小田野直武 おだの-なおたけ
1750*-1780 江戸時代中期の画家,武士。
寛延2年12月11日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。安永2年阿仁(あに)銅山の検分にまねかれた平賀源内に洋画をまなぶ。3年刊の「解体新書」の挿絵をえがく。和洋折衷画風の秋田蘭画をうみだした。安永9年5月17日死去。32歳。幼名は長治。字(あざな)は子有。通称は武助。号は玉泉,羽陽,蘭慶堂。作品に「不忍池(しのばずのいけ)図」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おだのなおたけ【小田野直武】
1749‐80(寛延2‐安永9)
江戸後期の洋風画家で,秋田蘭画の代表作家。秋田藩士として角館に生まれ,1773年(安永2)に秋田を訪れた平賀源内から西洋画についての知識を与えられた。以後死ぬまでの7年間,藩命によりほとんど江戸の地にあって,オランダの図書や銅版画を参考に,西洋画法の研究に励み,杉田玄白訳の《解体新書》(1774)の挿絵を描いた。彼の洋風画には銅版画も油絵もないが,司馬江漢の洋風画に大きな影響を与えた。【成瀬 不二雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おだのなおたけ【小田野直武】
1749~1780 江戸中期の洋画家。秋田藩角館かくのだての藩士。平賀源内に洋画技法を学び、遠近法・陰影法を取り入れた写実的な洋画を描き、秋田蘭画を生んだ。また、「解体新書」の挿絵を担当。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小田野直武
おだのなおたけ
(1749―1780)
江戸後期の洋風画家。秋田藩領角館(かくのだて)の武士の家に生まれる。幼名長治、通称武助、字(あざな)を子有といい、羽陽、玉泉、麓蛙亭(ろくあてい)、蘭慶堂(らんけいどう)と号した。幼少から画才があり、1773年(安永2)秋田にきた平賀源内から西洋画法を学び、それを藩主佐竹曙山(しょざん)や角館城代佐竹義躬(よしみ)に伝えて、秋田蘭画(らんが)の一派を開いた。同年藩主の命令で江戸に出て、源内のもとで洋風画の研究を進め、74年杉田玄白が『解体新書』を出版するとき、挿絵を描いた。ついで藩主の側近にまで昇進したが、79年暮れ、その怒りに触れて帰国し、翌年わずか32歳の生涯を郷里で閉じた。彼の絵は在来の東洋画に西洋画法を加味したものであるが、綿密な描写と高い気品に特色がある。短い生涯の最晩期に、西洋画法による日本風景図を描き、司馬江漢を指導して、江戸系洋風画の事実上の祖となった。[成瀬不二雄]
『太田桃介・武塙林太郎・成瀬不二雄著『図録・秋田蘭画』(1974・三一書房) ▽成瀬不二雄著『江戸の洋風画』(1977・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

小田野直武 (おだのなおたけ)
生年月日:1749年12月10日
江戸時代中期の洋風画家
1780年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おだの‐なおたけ【小田野直武】
江戸中期の洋風画家。秋田藩士。平賀源内に洋画を学び、秋田蘭画の代表者とされる。杉田玄白の「解体新書」の挿絵を描いた。寛延二~安永九年(一七四九‐八〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

小田野直武
おだのなおたけ
1749〜80
江戸中期の洋風画家
陸奥秋田藩士。初め狩野派を学び,のち来藩した平賀源内に西洋画法を学んだ。杉田玄白の『解体新書』に解剖図を描いた。代表作に『少女愛犬』『不忍池 (しのばずのいけ) 図』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小田野直武」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小田野直武の関連情報

関連キーワード

丸山権太左衛門ゲーテ信達騒動怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)信達一揆吉田藩(三河国)レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)博多あまおう大塚家具県産の野菜

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation