@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小町【コマチ】

デジタル大辞泉

こまち【小町】
小野小町(おののこまち)のこと。

が美人だったというところから》評判の美しい娘。小町娘。多く、その女性の住んでいる土地の名をつけてよぶ。
能面の一。老女の面。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こまち[列車]
秋田新幹線で運行されている特別急行列車愛称。平成9年(1997)運行開始。通常、東京・盛岡間は東北新幹線はやぶさ」と連結して走り、盛岡・秋田間は単独で走行する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

小町 (コマチ)
学名:Notocactus scopa
植物。サボテン科の園芸植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こまち【小町】
[1]
[二] 謡曲「卒都婆小町(そとばこまち)」の古名。〔三道(1423)〕
[三] 謡曲「関寺小町」の古名。〔音曲声出口伝(1419)〕
[2] 〘名〙
① (小野小町が美人であったというところから) きわめて美しい娘。美人。美女。小町娘。ふつう、その時代やその土地の名の下に付けて、それを代表する美人とする。「天明小町」「日本橋小町」など。〔歌謡・伊勢音頭二見真砂(歌謡集成本)(19C前)〕
※安井夫人(1914)〈森鴎外〉「近所の若い男達は怪訝すると共に嫉んだ。そして口々に『岡の小町が猿の処へ往く』と噂した」
③ 能面の一つ。老女の面。流儀によっては「関寺小町」のシテが専用する面。
※雑俳・柳多留‐六二(1812)「貴妃小町色を争ふいい御庭」
※藪の鶯(1888)〈三宅花圃〉二「二足計(ばかり)しだらなくぬぎすてたるこま下駄も、小町といふ好み」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

小町
こまち
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
寛文3.1(江戸・古への都日向太夫芝居)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小町
(通称)
こまち
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
草紙洗小町
初演
享保3.11(大坂・嵐座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation