@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小皿【コザラ】

デジタル大辞泉

こ‐ざら【小皿】
小さい。てしお皿。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

小皿
けんのひとつ。玉を下にたらした状態からまっすぐ引き上げて小皿に乗せる基本的な技。2000年、日本けん玉協会により「けん玉の技百選」に選定

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こざら【小皿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こざら【小皿】
小さく浅い皿。てしおざら。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典

こざら【小皿】
小さく浅い皿。直径10cm前後のものをいうことが多いが、もっと小さなものをいうこともある。取り皿として、また副菜果物を盛るなど多目的に用いる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐ざら【小皿】
〘名〙
① 小さい皿。てしお皿。
※実隆公記‐永正七年(1510)二月二〇日「沼男茶垸小皿〈二〉、紙十帖送之」
破戒(1906)〈島崎藤村〉二一「小皿には好物の納豆も附いた」
洒落本・卯地臭意(1783)「ききやれ、頭が所に小ざらが出来てナ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小皿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小皿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation