@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小笠原氏【おがさわらうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小笠原氏
おがさわらうじ
甲斐源氏の祖源義光子孫。加賀美遠光の次男長清が甲斐巨摩郡小笠原村に住して小笠原を称した。長清は源頼朝に仕え御家人となり,承久の乱ののち,阿波守護に補任され,以後鎌倉幕府滅亡にいたるまで子孫相伝した。貞宗は新田義貞に従って鎌倉を攻め,建武中興政府の武者所となった。のち足利尊氏に属して信濃守護に補任され,以後政基を経て深志,松尾の2流に分れ,松尾家は武田信玄に属し,のち織田信長,徳川家康に従い越前勝山藩主となった。深志家は長時が武田信玄に反抗して上杉謙信を頼り,その孫秀政が家康に仕え,下総古河,信濃松本を領し,寛永9 (1632) 年に豊前小倉藩主となり,明治にいたり伯爵

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おがさわらうじ【小笠原氏】
甲斐出身の中・近世武家。甲斐源氏加賀美遠光の次男長清が,甲斐巨摩郡小笠原(山梨県北巨摩郡明野村と中巨摩郡櫛形町との2説がある)に住んだのに始まる。長清は父とともに源頼朝に従って平家追討に戦功をあげ,遠光は信濃守,長清は信濃国伴野荘地頭に任ぜられた。後に長清は軍功によって阿波の守護職を与えられ,守護職は子の長経を経てその子長房の子孫に伝えられた。長経・長忠の嫡流は武田氏とともに由緒ある御家人として幕府に仕え,とくに騎芸乗馬礼法の家として尊重された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

小笠原氏
おがさわらうじ

新羅三郎義光(しんらさぶろうよしみつ)を祖とする甲斐源氏(かいげんじ)で、武田氏と同族。3代遠光(とおみつ)の子長清(ながきよ)が甲斐国小笠原(山梨県南アルプス市小笠原)の地に住んで小笠原を名のった。遠光は平氏追討に戦功があって信濃(しなの)(長野県)の国司に任ぜられ、長清も信濃の伴野荘地頭職(ともののしょうじとうしき)に補(ぶ)せられ、源頼朝(みなもとのよりとも)の親任が厚かった。その後、長清の子孫が阿波国(あわのくに)(徳島県)の守護職を継いだ。元弘(げんこう)の変(1331)には貞宗(さだむね)が足利尊氏(あしかがたかうじ)に従って戦功をあげ、北条氏にかわって信濃の守護となり、その地に多くの所領を得た。小笠原氏宗家(そうけ)は本拠地を甲斐から信濃に移し、南北朝の内乱時代を幕府方として活躍した。政康(まさやす)は関東の影響で乱れる信濃を1440年(永享12)に平定したが、その死後、一族は府中小笠原(ふちゅうおがさわら)と伊那小笠原(いなおがさわら)に分裂し対立した。庶流の京都小笠原家は室町将軍家の弓馬指南として、後世に小笠原流を伝えた。

 天文(てんぶん)年間(1532~1555)の武田信玄(たけだしんげん)の侵入により、戦国大名小笠原長時(ながとき)は府中(松本市)を追われたが、その子貞慶(さだよし)は徳川家に仕え、武田氏の滅亡のとき信濃に入って家を再興した。その後、小笠原氏は豊前国(ぶぜんのくに)小倉(こくら)(福岡県北九州市)に移封となった。越前(えちぜん)藩主の小笠原は伊那の系統である。

[湯本軍一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小笠原氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小笠原氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation