@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小笠原貞頼【おがさわらさだより】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小笠原貞頼
おがさわらさだより
安土桃山時代の武将。豊臣秀吉に仕え,小田原征伐や朝鮮役に従軍。南海に群島を発見して小笠原島と名づけたというが,『小笠原家譜』『藩翰譜』などには貞頼の名はみえず,その所伝の真偽は明らかでない。 (→小笠原諸島 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おがさわら‐さだより〔をがさはら‐〕【小笠原貞頼】
安土桃山時代初期の武士信濃の人。小笠原諸島の発見・命名者と伝えられるが、実在確証はない。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小笠原貞頼 おがさわら-さだより
?-? 織豊-江戸時代前期の武士。
信濃(しなの)(長野県)松本城主小笠原貞慶(さだよし)の兄長隆の子という。豊臣秀吉の小田原攻め,朝鮮出兵に参加。徳川家康の命をうけ,文禄(ぶんろく)2年(1593)伊豆(いず)下田より出航し,3島を発見して小笠原島と命名したというが,真偽はさだかでない。通称は彦七郎,又七郎。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おがさわらさだより【小笠原貞頼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

小笠原貞頼
おがさわらさだより

安土桃山時代の武将。生没年未詳。小笠原長時(ながとき)の曾孫といわれるが、系図などにはみられず定かではない。織田、豊臣、徳川の3代に仕え、小田原攻めや文禄・慶長の役にも従軍したという。その後、家康の許しを得て無人島の開発を行い、1593年(文禄2)に3島を発見。家康が発見者の名前をつけることを許したため、小笠原諸島と命名されたという。この点は確かな史料がなく、発見時期にも矛盾があり、真偽は疑わしい。

[本多隆成]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小笠原貞頼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小笠原貞頼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation