@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小篆【ショウテン】

デジタル大辞泉

しょう‐てん〔セウ‐〕【小×篆】
漢字の書体の一。代に李斯(りし)大篆を簡略化して作る。秦篆。→篆書

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうてん【小篆】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうてん【小篆】
漢字の古書体の一。秦の李斯りしが大篆だいてんを簡単にして作ったものという。さらに簡略な隷書が作られたのちは、主として碑銘・印章などに用いられた。篆文てんぶん。秦篆しんてん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐てん セウ‥【小篆】
〘名〙 漢字の書体の一つ。秦の始皇帝の時、丞相李斯(りし)が創始したものといわれる。大篆を省略・整頓して筆写に便利にしたもの。のち、さらに簡易な隷書・楷書が作られてからは、碑銘や印章などの字体にもっぱら用いられるようになった。秦篆。
※史記抄(1477)一二「大篆・小篆・隷者なんどがあるぞ。李斯がならば小篆ぞ」 〔許慎‐説文解字叙〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小篆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小篆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation